仕掛け

ちょい投げ釣りで使用をするオモリの号数とバランス

ちょい投げ釣りで使用をする、オモリの号数と、
バランスについてお話をしていきます。
ちょい投げ釣り オモリ

ちょい投げ釣りで主に使用をされる、
オモリの種類は、ジェット天秤と言われる、
オモリと天秤が、一体化した物と、
ナス型オモリと言われる、
オモリ単体を、天秤につける仕掛けとなります。

いずれの仕掛けにしても、
オモリの重さがとても重要になってきますので、
これから、お話することを、目安に、
あなたが、ちょい投げ釣りをする時の、
オモリの重さを調整して下さい。

まず、参考までに、私が使用をする、
オモリの重さをお話致しますと・・・・

私は、6号から10号までのオモリを、
使用します。

主に使用をするオモリの重さは、
8号が多いです。

なぜ、このくらいのオモリを使用するのか?

それは、私がちょい投げ釣りで使用をする、
ロッド(竿)が、およそ、30gまでの、
ルアーを投げることができるロッドだからです。

ロッドには、それぞれ、
適合する重さが表記されています。

特に、ルアーロッドになると、
必ず、適合ウェイトが、
表記されていますので、
表記されている適合ウェイトの、
範囲でオモリを使用していきます。

因みに、
オモリ1号の重さは、およそ3gになります。

ちょい投げ釣りで使用をするロッドは、
ルアーロッドの使用が多く、
適合ウェイトが、限られているために、
6号から10号くらいまでを、
私は、使用しています。

あくまでも、
ちょい投げですからね(笑)

軽いオモリで充分です。

とは言え、
私は、8号程度のオモリでも、
100m前後は、飛ばすことはできます(笑)

飛距離のお話は、ゆくゆくしていきますので、
まずは、ちょい投げに使用をするオモリは、
1号あたり3g程、ロッドには適合ウェイトがある。
ということを、憶えておいて下さい。

ちょい投げ釣りの仕掛けについて

ちょい投げ釣りで使用をする、オモリや、針、
天秤などの仕掛けについて、解説をしていきます。

どの魚を狙うかによって、針の大きさや、
餌のタラシの長さが変わってきます。

ターゲット(どの魚を狙うか?)を、決めましょう。

ちょい投げで釣れる魚のメインターゲットになる
代表魚に「キス」がいますので、まずは、
キスをターゲットとして、お話をしていきます。
ちょい投げ釣り キス
ご覧の通り、キスは、口が小さいです。
よって、当然のことながら、針は、
小さめです。

針の号数で言うと、キス専用の針がありますが、
私は、投げ針と言われる、激安の針(笑)で、
7号から8号アタリを目安に使用しています。

餌は、青イソメがメインです。
ときおり、ジャリメも使用をしますが、
できるだけ、費用を掛けず(笑)
狙います。ちょい投げの魅力は、
費用が掛からないところにもありますからね。

さて、餌の長さですが、
タラシを長くすると、キスは、餌だけ持って行き、
針に掛かりずらくなります。

キスを狙う際の餌のタラシの長さは、
5mmから長くても1cmです。

こんなに短くて良いの?と思うような、
タラシの長さでも、キスは充分喰ってきます。

むしろ、餌のタラシは、できるだけ、
短い方が良いです。

餌と針の用意ができましたら、
次回は、天秤とオモリのバランスについて、
お話をしていきます。