シーバス釣りで使用をするフック(針)の貫通力を一瞬で上昇させる方法

シーバス釣り ルアー

ルアーで狙うシーバスはとってもバラシが多いので、シーバスアングラーは、掛けたシーバスをバラさないために、ロッド操作をしたり、やり取りを慎重に行います。それでも、バラしてしまうのがシーバスなのですが、できるだけ、貴重な一匹をバラさないようにするためには、フック(針)の貫通力を上げることがポイントになります。どんなにテクニックを持っていても、フッキングが甘ければバレます。逆に、しっかりフッキングが決まっていれば、テクニックなど無くても魚を獲ることはできます。

スポンサーリンク

フックの貫通力を上げるにはどうするのか?

フックの貫通力を上げるには、常に新品のフックで釣りをすることが理想なのですが、毎回新品のフックを使用していたら、フックを交換する手間と、新しいフックを購入するお金が結構掛かります。フックは消耗品ですから、ある程度したら、交換することは必要ですが、毎回フックを交換するのはちょっと手間です。毎回フックを交換しなくても良いように、釣行後は、フック(ルアー)を洗って錆びないように、保管をすることで、フックの交換率を少なくすることはできますが、1度使用をしたフックは貫通力が落ちて錆びやすくなっています。そこで、フックを交換することなく、フックの貫通率を上げて、魚がバレるのを軽減する方法ですが、この道具を使います。

フックを交換せずに、貫通率を上げる方法は、フックをその場で、砥ぐことです。
ピンオンリールを使用することで、フックシャープナーを携帯することが簡単にできます。

フックを交換すること無く、数秒でフックの貫通率を上げることが出来るので、フックシャープナーはおすすめです。是非お試し下さい。
おすすめの釣具で釣果アップを見る

スポンサーリンク