まだ、間に合う。魚釣りで根掛かりを軽減できるオモリを知っていますか?

魚釣り 仕掛け オモリ

よし、やっと仕掛けができた。早速、釣りを始めよう。何が釣れるのか楽しみだ。ワクワク感いっぱいで仕掛けを投げて見たら・・・根掛かり?!
一投目で根掛かり。しかも、糸が切れて仕掛けを作り直し。さっきのワクワク感は無くなり、やる気なしモード全開。

こんな経験があるのは僕だけではないはずです。

魚が釣れるより仕掛けが無くなることが多くてお金ばかりかかる。これでは、釣りが嫌いなるでしょう。
そうならないために、仕掛けに工夫をしましょう。ということが今日のお話です。
根掛かりを軽減する方法はいくつかあります。その1つとして、今日はオモリを紹介しますね。オモリ1つ変えるだけで根掛かりは相当軽減できますよ。
では、早速お話ししていきましょう。

スポンサーリンク

どうしてあの人はいつも魚が釣れるのか知っていますか?

まるで、魚の居る場所が解っているかのように魚を釣る人がいます。海の中が見えているのですかね。根掛かりがある場所でも根掛かりを回避して魚を釣っています。魚の居る場所へきちんと餌を近づけているのでしょうね。これが出来れば、ある程度魚は釣れます。そこでまず、魚の居る場所を見つける事から始めましょう。魚の居る場所は主に地形が変化している場所です。そうです。根掛かりがある場所には魚が居ます。根掛かりがある場所を上手に探ることができれば魚は釣れます。もちろん、その時の潮回りや状況はありますよ。しかし、大抵の場合地形が変化していて根掛かりがある場所を狙うことで釣果が上がります。

まだ、その仕掛けで魚釣りをしますか?

魚が居る場所が解ったら仕掛けを地形に対応させなければいけません。そうでないと、魚が釣れるより先に根掛かりしてお金が無駄になります。さらに、仕掛けの作り直しばかりで釣りが楽しくないでしょう。仕掛けさえきちんと対応していれば根掛かりは軽減できて魚が釣れます。たとえ、魚が釣れなくても仕掛けが切れるよりはマシですよね。それでは、お待たせしました。根掛かりに対応する仕掛けということで僕はこのオモリを使っています。

魚釣りでこれ以上仕掛けを無駄にしないための方法

釣り場に着いたら仕掛けを作ります。この時、針を付けてはいけません。なぜなら、地形が解らないからです。まずは、地形の把握をしなければいけません。地形の把握はどうすればできるのか?簡単です。仕掛けに針を付けずオモリだけを付けて投げます。底までオモリを着けたらズルズル引っ張ってきます。この時、ゴツゴツ感やガリガリ感、サラサラ感などを竿から伝わってくる振動で地形を把握します。この作業を何度かやると地形が把握できます。そしたら、いよいよ針を付けて魚を狙いましょう。地形によってオモリと仕掛けを変えます。どんな仕掛けを使うのか?根掛かりが激しい地形であれば胴付き仕掛けにこのオモリが良いですよ。
コスパが良い胴付き仕掛け


すり抜ける保護オモリ

まとめ

わずかオモリ1つで根掛かりはかなり軽減できますよ。是非、今日紹介した「ホゴオモリ」を試してみて下さい。ホゴオモリがあるといろいろと応用ができますよ。
では、最後にもう一度、根掛かりを最小限にして釣果を上げる方法を復習しましょう。

・どうしてあの人はいつも魚が釣れるのか知っていますか?
・まだ、その仕掛けで魚釣りをしますか??
・魚釣りでこれ以上仕掛けを無駄にしないための方法

それぞれ今日の話のラインナップです。上に戻って読み直してみて下さい。

スポンサーリンク