ちょい投げ釣りで使用をするオモリの号数とバランス

ちょい投げ釣り オモリ

ちょい投げ釣りで使用をするオモリの号数とバランスについて話をしていきます。最後まで話を聴いてもらうと仕掛けの幅が広がって釣果がアップします。それでは早速、話していきましょう。

スポンサーリンク

ちょい投げ釣りで使用するオモリの種類とは?

ちょい投げ釣りで使用するオモリは、ジェット天秤などオモリと天秤が一体化した物とオモリ単体を天秤につける方法があります。いづれの仕掛けもオモリの重さ重要です。これから僕が話することを目安に、ちょい投げ釣りのオモリを調整して下さい。

オモリの単位とは

まず参考までに、僕がちょい投げ釣りをする時に使うオモリの重さを話します。僕がちょい投げ釣りをする時に使うオモリは6号から10号です。なぜ、6号から10号のオモリを使うのか?僕がちょい投げ釣りで使うロッド(竿)がおよそ、30gまでしか投げることができないからです。30gは何号のオモリなの?という疑問がありますよね。お応えします。

ロッド(竿)に適合するオモリは決まっている

特にルアーロッドは必ず適合ウェイトが表記されています。、表記されている適合ウェイトの範囲でオモリを使用します。オモリ1号の重さはおよそ3gです。僕がちょい投げ釣りをする時に使うロッドはルアーロッドです。ルアーロッドは適合ウェイトが限られているのでオモリは6号から10号を使います。オモリの種類はナスオモリかホゴオモリを使います。

根掛り軽減にはホゴオモリが有効

ナスオモリは聞いたことがあるけどホゴオモリってどんなオモリ?と思っていますか?説明がしづらいので見せますね。ホゴオモリとはこんな形状のオモリです。


砂地であればこのホゴオモリを使います。
根掛りが多い場所では角ホゴオモリを使います。

スポンサーリンク