ちょい投げ釣りで使用をするオモリの号数とバランス

ちょい投げ釣りで使用をする、オモリの号数と、
バランスについてお話をしていきます。
ちょい投げ釣り オモリ

ちょい投げ釣りで主に使用をされる、
オモリの種類は、ジェット天秤と言われる、
オモリと天秤が、一体化した物と、
ナス型オモリと言われる、
オモリ単体を、天秤につける仕掛けとなります。

いずれの仕掛けにしても、
オモリの重さがとても重要になってきますので、
これから、お話することを、目安に、
あなたが、ちょい投げ釣りをする時の、
オモリの重さを調整して下さい。

まず、参考までに、私が使用をする、
オモリの重さをお話致しますと・・・・

私は、6号から10号までのオモリを、
使用します。

主に使用をするオモリの重さは、
8号が多いです。

なぜ、このくらいのオモリを使用するのか?

それは、私がちょい投げ釣りで使用をする、
ロッド(竿)が、およそ、30gまでの、
ルアーを投げることができるロッドだからです。

ロッドには、それぞれ、
適合する重さが表記されています。

特に、ルアーロッドになると、
必ず、適合ウェイトが、
表記されていますので、
表記されている適合ウェイトの、
範囲でオモリを使用していきます。

因みに、
オモリ1号の重さは、およそ3gになります。

ちょい投げ釣りで使用をするロッドは、
ルアーロッドの使用が多く、
適合ウェイトが、限られているために、
6号から10号くらいまでを、
私は、使用しています。

あくまでも、
ちょい投げですからね(笑)

軽いオモリで充分です。

とは言え、
私は、8号程度のオモリでも、
100m前後は、飛ばすことはできます(笑)

飛距離のお話は、ゆくゆくしていきますので、
まずは、ちょい投げに使用をするオモリは、
1号あたり3g程、ロッドには適合ウェイトがある。
ということを、憶えておいて下さい。