2018年ちょい投げ釣りであの魚を狙いに初釣り釣行

ちょい投げ釣り

冬のちょい投げ釣りでのターゲットと言えば、カレイ、アイナメ、カサゴ、メバルなど、釣れると嬉しい魚達です。アングラーにとっては、寒さとの戦いになりますが、冬の魚は大型が狙えますからね、防寒対策をしっかりして、カレイ、アイナメ狙いでの釣行です。

スポンサーリンク

開始早々釣れてきた魚は?!

フィールド入りは夕方、風が弱く穏やかで、フィールドコンディンションはバッチリ。冬の気温にしては、風が無いためか、寒さがそれ程無く、釣りやすい状況。このフィールド状況なら長期戦でも行けそう。早速、準備をして、一投目。チョンチョンと軽いアタリをとらえて上がってきたのは、ウロハゼ。ちっさ(笑)ちょい投げ釣り ウロハゼこのサイズのウロハゼは、のべ竿で釣ると面白いサイズですが、ちょい投げタックルでは、アタリをとるのも難しいくらい、小さなサイズです(笑)因みに釣ったのは、私ではなくて、私のパートナーです。私は、このサイズの魚のアタリを合わせることができないのですが、私のパートナー(女性)は、このサイズの魚でもアタリをしっかりとらえて、怒涛の6匹(笑)合わせを良く決めますわ(笑)

そろそろ、違う魚、及び、本命を釣りたいところ・・・・

しかし、カレイやアイナメの気配はまったく無し。陽が暮れてきました。いつもなら、陽が暮れると納竿となるのですが、この日は、フィールドコンディションが良かったこともあり、ナイトゲームへと突入。初釣り釣行でナイトゲームの突入は、初めての試み。夜の魚が掛かってくれることを期待して、キャストを続けます。・・・・エサが残ってくるではないですか!!半ば、納竿ムードがムンムンと漂う中、私のロッドに、魚信がある。暗闇から上がってきたのは、小さなアナゴ。ちょい投げ釣り アナゴナイトゲームでの定番魚。アナゴ。この魚を最後に、納竿しました。
釣果には恵まれなかった、初釣り釣行でしたが、それなりに、楽しめた釣行となったので、良しとしましょう。2018年もまた、いろいろな魚と、大きな魚に出会えるのが楽しみです。
ちょい投げ釣りでのおすすめタックルを見る

スポンサーリンク