車釣行の釣り人必見 車のバッテリーが上がってもエンジンをすぐにつけることができる方法

海 サーフ 釣り

車釣行が多いアングラーにとっては、必要不可欠なキットがあります。おそらく多くの車釣行アングラーは、このキットを持ってないでしょう。私も、釣行は車なのですが、このキットを知らなかったです。このキットさえあれば、車のバッテリーが上がってもすぐにエンジンをつけることができるので、車釣行のアングラーは是非、これから私が話すキットを持っていると必ず役に立ちます。

スポンサーリンク

車のバッテリーが上がる前に行うこと

釣りに行く時、車のバッテリーが上がることを予想して釣りに行きませんよね。おそらく、釣行ポイントの情報は集めても車のことを心配するアングラーは少ないです。
釣り場の情報を集めたり、タックルのチェックはするのに、釣行手段である車の状態をなぜ、チェックしないのか?それは、車をチェックしなくとも、車が故障することは無いと思っているからです。もちろん、そう簡単に、車が故障することは無いでしょう。しかし、時季によっては、車のバッテリーが上がり、一時的に車が動かなくなってしまうことはあるかもしれませんよ。釣り場で車が動かなくなってしまったらどうしますか?夏や冬の時季、車が動かなくなると、暑かったり寒かったりで身体に応えます。車のエンジンが、かからなくなる理由の多くは、バッテリーに関係があります。

車のバッテリーの寿命

車のバッテリーの寿命を知っていますか?稼働状況にもよりますが、多くの車のバッテリーの寿命は、2年から3年程と言われています。およそ、車検の時にバッテリーを交換するというのが目安となりそうですね。バッテリーの寿命がわかったところで、いつバッテリーを交換したのかをチェックしてみましょう。バッテリーの寿命状況は、ガソリンスタンドでも無料検査をすることができます。最近、車のバッテリーのチェックをしていなかったら、まずは、車のバッテリーがどのように劣化をしているか、釣行前にチェックしてみましょう。バッテリーは突然、使えなくなります。

車のバッテリーが上がってもエンジンをすぐにつけられるように準備をする

車のバッテリーは突然使えなくなります。つまり、「エンジンを掛けようとしたら、掛からい」エンジンが掛からない原因の多くは、バッテリーに原因がある可能性が高いです。「バッテリーが上がる」という現象ですね。「バッテリーが上がる」という現象になったら、ブースターケーブルという道具を使ってバッテリーとバッテリーを繋ぐ方法で、エンジンを掛けることが可能ですが、ブースターケーブルを使う場合は、稼働している車が必要です。ブースターケーブルを使ってエンジンを掛けるには、「バッテリーが上がってしまった車」だけでは、エンジンを掛けることはできません。

車のバッテリーが上がっても安心できるキット

ブースターケーブルがあれば、「バッテリーが上がっても」稼働している他の車のバッテリーから電力を供給してもらうことで、エンジンを掛けることができますが、他の車が居なかった場合は、どうしましょうか?ブースターケーブルだけでは、「上がってしまったバッテリー」を回復させることはできません。そこで、ブースターケーブルが無くても、「上がってしまったバッテリーを回復することができる」キットを紹介します。

ブースターケーブルが無くても、「上がってしまったバッテリーを回復することができる」キットとは?

ジャンプスターター



楽天,1位獲得 バッテリー上がりはこれで解決!【ジャンプスターター LUFT】

車のバッテリーが上がってもエンジンをすぐにつけることができる方法まとめ

「ジャンプスターター」の存在を知っていましたか?私は、最近まで知りませんでした。ブースターケーブルは常に車にあるのですが、ジャンプスターターを持つことで、より安心感に繋がり、スマホやパソコンの充電器としても利用することができるので、とても役に立っています。コンパクトで持ち運びも楽です。長期釣行の際も、安心して車を稼働することができます。「ジャンプスターター」は、車を使うアングラーには、とってもおすすめのキットですよ。



楽天,1位獲得 バッテリー上がりはこれで解決!【ジャンプスターター LUFT】

釣竿を折ったことがある釣り人必見 月額わずか240円で釣竿が新品になる釣り保険
釣り用ヘッドライトの選び方で釣りが劇的に変わる

スポンサーリンク