堤防キス釣りは仕掛けが全て!一歩差をつける堤防キス釣りを徹底解説

堤防キス釣り

堤防キス釣りは仕掛けが全て

僕が堤防でキスを釣る時に持っている
マインドセットです。

キスは仕掛けを間違わなければ
誰でも簡単に釣れます。

逆に仕掛けを間違えると釣れません。

キスは釣る場所によって
仕掛けが変わります。

まずは、キスをどこで釣るのか?

・海岸から遠投して連掛けで釣る
・堤防からちょい投げで釣る
・船で釣る

ここで僕の話を聴いて下さっている
ということは

堤防からキスを釣るために
どうすれば良いのか?

を知りたいですよね。

なので、これからの話しは
堤防でキスを釣るための必殺メソッドです。

堤防からちょい投げで狙うキス釣りは
ちょこっと投げて誘いをかけて
ブルブルっと来たら合わせる。

これだけで、キレの良い引きをするキスが
釣れます。

キスを釣った時は「よし。釣った!!」

と感情が湧いてきますよ。

こんな気持ちを味わって頂きたくて
堤防でのキス釣りを解説します。

今日の話を聴いて頂けると
堤防からちょい投げで
キスが釣れるようになります。

早速話していきましょう。

スポンサーリンク

ワクワク感がたまらない堤防キス釣りの魅力

僕が初めてキスを釣ったのは
今から30年以上前です。

父親と同行した堤防で

「とてもキレイな魚が釣れた」

これが、キスか?!と思いました。

キスの名前と姿は図鑑で知っていましたが
実物は図鑑よりキレイで感動します。

それから僕はキスが釣れる時季になると
堤防からキスを釣ります。

キスの時季はいつ頃なのか?

キス釣りの時季は6月からです。

場所に寄りますが6月から11月くらいまで
狙うことができます。

僕が行く場所は越冬キスと言って
真冬でもキスが釣れますが多くの場所は
秋くらいまでです。

レギュラーサイズは20センチ弱です。

キス釣りで目指すサイズは
尺キスと言って30センチ以上のキスです。

僕は30センチ以上のキスは釣ったことも
見たこともありません。

いつかは釣ってみたい大きさです。

なので、大きさより数を狙う方が良いです。

キスは食べて美味しい魚です。

たくさん釣れたらオカズが増えますので
食べることもキス釣りの魅力です。

キスがたくさん釣れるように
仕掛けの話をしていきましょう。

堤防キス釣りはこの仕掛けで釣りまくれ

堤防でキスを釣る時は
仕掛けを間違えなければ釣れます。

どんな仕掛けなのか?

とても簡単ですから安心して下さい。

用意する仕掛けは3つです。

1、天秤
2、オモリ
3、針

それぞれ、解説しますね。

天秤はいろいろな種類がありますが
僕が使う天秤はこの天秤です。


なぜか?

仕掛けが絡まりにくいからです。

いくつかの天秤を使ってきましたが
一番使いやすい天秤でした。

オモリは6号から10号を使い分けます。

流れがあって水深がある場合は重くします。

理由は仕掛けが
流されないようにするのと
速く着底させるためです。

キスは底に居る魚です。

素早く着底させることで狙える時間が
多くなりますよね。

10秒が積み上がって行けば10分です。

10分違えば釣れる数も違ってきます。

反対に流れがなくて浅い場所ならば
軽い重りを使います。

重りを軽くすることで
キャスト時の負担を減らすことができます。

長い時間の釣りは体力が必要ですからね。

針は市販の針7号をメインで使います。

こんな感じので充分です。


なぜ、7号なのか?

ご存知の通りキスは口が小さくて
エサを吸い込んで捕食します。

大きな針を使うと針に掛からないからです。

なので、キス釣りでは7号以上の針は
使いません。

ここまでで仕掛けのイメージできましたか?

あ!そうそう、ハリスの長さを
話し忘れました。

僕の場合はハリスを短くします。

なぜか?

ハリスが長いと絡まりやすいからです。

長さの目安は60センチくらいです。

こうすることで仕掛けが絡まることが
極端に軽減されるので
デッドキャストが減ります。

デッドキャストとは
仕掛けが絡まったりして
まともに着水してない状態です。

この状態では魚が釣れませんよね。

なので、デッドキャストをしないように
仕掛けを短くシンプルにします。

デッドキャストとは僕が付けた言葉です。

堤防キス釣りは地形変化を狙え

キスは群れにアタルと釣果を伸ばせます。

キスは群れで行動するので1匹釣れたら
同じ場所を探って下さい。

複数釣れるかもしれません。

狙いは地形の変化です。

仕掛けを底まで落としてズルズル引いて
誘いをかけて下さい。

この時、デコボコしてたり
ゴツゴツしてたり変化がある場所では
仕掛けを止めてアタリを待ちます。

アタリが出たら集中的に攻めまくる。

こうすることで釣果を伸ばせますよ。

ここまでで、堤防キス釣りのイメージは
完璧ですね。

後は、キスを釣るだけです。

早速、堤防へ行ってキスを釣りましょう。

堤防キス釣りを徹底解説まとめ

あ、そうそう。

キス釣りで釣果を伸ばすには置き竿より
誘いをかけて下さいね。

なぜなら、誘いをかけたほうが
地形の変化を察知できますし
キスのアタリを確実に合わせることができます。

キレのあるキスの引きを
是非、楽しんで下さいね。

エサですか?

肝心のエサについて話していませんね。

キス釣りのエサは青イソメか
ジャリメが良いです。

キスは口が小さく吸い込みながら
エサを食べるのでイソメ類が
捕食しやすくなります。

ジャリメは青イソメより小さくて細く
良く動きます。

7号の針にはジャリメが付けやすいですよ。

垂らしを1センチ前後にして
食い逃げされないようにします。

青イソメは大きさがバラバラなので
キス釣りで使うなら小さめの青イソメを
使って下さい。

青イソメはキス以外の魚も喰ってくるので
五目釣りが期待できますよ。

価格は青イソメの方が安いです。

では、これで堤防キス釣りの仕掛けについて
完璧にイメージ出来たと思います。

キレのあるキスの引きを
是非、楽しんで下さいね。

スポンサーリンク