視力が低下する釣りをしないために釣り用サングラスの選び方

偏光サングラス バニーウォーク

僕も言われるのですが、夏になると必ず言われる言葉があります。どんな言葉を言われるでしょうか?
「日焼けしてますよね」という言葉です。釣りをするあなたもきっと毎年のように言われていますよね。釣り人アルアルです。
この言葉にどうやって応えてますか?

僕は「釣りで日焼けしてます」と応えます。そうすると、相手は「あ、釣りですか」と応えて会話が終わります。何して日焼けしたと思ったのですかね。
僕が何を言いたいのか?一見すると日焼けは健康的に見えます。しかし、釣りに夢中になって陽を浴びすぎると後々身体に支障をきたします。

特に釣り人が気をつけたいことは「視力」です。水に反射している太陽の光は強烈に眼を焼きます。当然、サングラスをして釣りをしてますよね。僕も当然、サングラスをして釣りをしてます。その中で、サングラスをいくつか使い分けています。なぜか?理由を話していきますね。

スポンサーリンク

なぜ、釣り用サングラスを使用するのか?

太陽の光を軽減するだけだったらどこにでもあるサングラスで十分です。しかし、釣りでは「偏光サングラス」を使ったほうが良いです。

どうしてか?

先程も話しましたが、釣りで浴びる陽の光は水の反射があるので強烈です。反射する光に対応するのが「偏光サングラス」です。偏光サングラスを使うと何が良いのか?
単純に見やすくなります。

どのくらい見やすくなるのか?

水深が浅い河川でしたら水中の岩が見えます。もっと言うなら、僕が釣りをする旧江戸川だとシーバスやクロダイの姿がはっきり見えます。そのくらい、釣りでは偏光サングラスのメリットがあります。さらには、太陽の光から眼を守るため。ルアーから眼を守るため。海水など水しぶきから眼を守るために、釣りではサングラスが必須アイテムです。かつて、こんな光景を見たことがあります。

根掛りを外そうとロッドをあおっていたルアーアングラー。根掛りが外れたのは良いのですが勢いよく飛んできたルアーがまぶたにグサリッ。幸いルアーが眼に入らず良かったです。しかし、まぶたに刺さったルアーをブラブラさせたまま病院に行きました。サングラスをしていたら防げたかもしれませんよね。釣りではこのような事故もあるのでサングラスは必須アイテムです。

偏光サングラスまで購入する予算がなければ普通のサングラスでも良いので釣りに行くときはサングラスをして行きましょうね。

釣り用サングラスのメリット・デメリット

釣り用サングラスのメリットは水に反射する光を軽減してくれることです。それならば、偏光サングラスだったらどれでも良いのでは?と思いますよね。実際はそうかもしれません。釣り用の偏光サングラスは価格が高いですからね。

なぜ、釣り用サングラスとなると価格が高くなるのでしょうか?

広告費が掛かっているからでしょうね。

釣り用サングラスはプロのアングラーを起用しますからね。例えばこのサングラスは釣り業界では有名なサングラスですが高いです。この価格ならリールや竿が買えますよね。
進化を続ける偏光サングラス

価格がするだけあって機能はもちろん見た目が格好良いです。でも、サングラスに、この金額を掛けることが僕にはできません。そこで、いろいろ調べました。

釣り用サングラスの選び方

「釣り用サングラス」で検索すると多くのサングラスが出てきます。僕が釣り用サングラスを選んだ基準を話しますね。

・価格5千円程
・偏光サングラスとしての機能がある
・形は細め

まずは、ほしいサングラスの基準を定めます。それから、この基準に合うサングラスを探していきます。なるべく妥協しないようにたくさんのサイトでサングラスを探します。
僕は1ヶ月くらい探しました。そうして、見つけたのがこのサングラスです。
アングラーに送る偏光サングラス

まとめ

釣具と同じようにサングラスも好みがありますよね。

その中で

・価格5千円程
・偏光サングラスとしての機能がある
・形は細め

と言う基準を持っているのならバニーウォークは良いですよ。
値段がお手頃なのに見た目は格好良いので満足感を味わえます。

スポンサーリンク