若洲海浜公園でシーバスを狙う際に安心してファイトができるタックル

若洲海浜公園 シーバス釣り

若洲海浜公園でシーバスを狙う際には、3つのフィールドポイントがあります。どのフィールドポイントでもシーバスの実績がありますので、その日の状況で、各ポイントに入って見て下さい。

スポンサーリンク

若洲海浜公園でシーバスを狙う際の3つのフィールドポイント

若洲海浜公園でシーバスを狙う際の1つ目めのフィールドポイントは、キャンプ場前と言われていて、ベンチと柵があり、子供でも安心して釣りを楽しめるポイントになっています。
若洲海浜公園シーバスを狙う際の2つ目のポイントは、堤防です。
堤防は、ファミリーフィッシングが多いので、周囲にとっても気を使いながらの釣りになります。一番奥でシーバスを狙いますが、混雑している時には、ルアーはしない方が良いかもしれません。堤防の一番奥は、水深があり(満潮時9m程)、シーバスの回遊が期待できるポイントです。
若洲海浜公園でシーバスを狙う際の、最後のポイントは、人口磯です。
人口磯は、滑りやすいので、スパイクブーツやフェルトシューズを履きましょう。スニーカーで人口磯に入り、滑って怪我をしているアングラーを見かけます。釣りは自然に気を配ることが大切です。安全第一ですよ。
これらの若洲海浜公園のフィールドポイントで、シーバスを狙う際に、安心して、シーバスとファイトができるタックルを紹介します。

若洲海浜公園でシーバスを狙う際のロッド選択

数ある、シーバスロッドの中で、若洲海浜公園でシーバスを狙う際のロッドのスペックは、私なら、次のスペックを持ったロッドを選択します。
長さは9ft以上。
適合ルアーウェイトは、30gを振り切ることができる。
硬さはMLかM。
若洲海浜公園でシーバスを狙うポイントは、広いですので、飛距離が出せた方が良いですし、鉄板バイブやメタルジグと言った、重たいルアーを投げれた方が広範囲を探れます。70cmを超える大きなシーバスが掛かることがありますので、パワーのあるロッドが安心してシーバスとファイトができます。価格との相談になりますが、このロッドは、マルチロッドで丈夫で扱いやすいですよ。

若洲海浜公園でシーバスを狙う際のリール選択

飛距離が出しやすくて、いろいろなルアーを投げれて、扱いやすいリールとなると、スピニングリールの3,000番から4,000番を選択するのが良いです。ギア比で言うと、ハイギア(HG)かエクストラギア(XG)が若洲海浜公園でシーバスを狙う際には、適していると私は感じます。私は、ツインパワーと言うリールを使用していますが、若洲海浜公園シーバスを狙う際には、ここまでのスペックは必要ないので、もう少し、安価な価格で見た目がカッコよいリールですと、このリールはいかかでしょうか。

若洲海浜公園でシーバスを狙う際のPEラインとリーダーのバランス

重たいルアーを振り切ることと、大きなシーバスが掛かっても安心してファイトができることを考えて、メインPEラインは、0.8号から1号を選択するのが安心です。私は、「東レ(TORAY) シーバスPE POWER GAME(パワーゲーム)」と言うPEラインを愛用していますが、少々価格が上がります。そこで、もう少し価格を抑えたPEラインでわりと、扱いやすいPEラインを、以前に紹介をしているので、ご覧になって見て下さい。
peラインをシーバス釣りで使う際におすすめしたいpeライン3種
ショックリーダーのバランスに関しても以前にお話をしています。
シーバス釣りで釣果につながるショックリーダーの長さを解明してみた

若洲海浜公園でシーバスを狙う際に不可欠な装備

冒頭でもお話をしましたが、釣りは、安全第一で自然に気を配らなければいけません。特に、足元の装備は、重点的に行う必要があります。整備されている堤防であっても、滑りにくいスニーカーを履くべきです。ゴロタや岩場で釣りをする時には、スパイクやフェルトシューズが必要です。今朝も、人口磯で釣りをしているアングラーが、滑って肘や膝に怪我を負って、海水に入ってました。本当に危ないです。足元は、しっかり装備をしましょう。釣場でオススメのスニーカーとフェルトブーツを紹介しますので、参考にして下さい。

釣りでも安心して履けるスニーカーがオススメですが興味はありますか?

スポンサーリンク