若洲海浜公園でのシーバス釣りデイゲームにて2019年初フィッシュの様子

若洲海浜公園 シーバス釣り

シーバス釣りは、昼(デイ)でも夜(ナイト)でも確立されていますが、昼(デイゲーム)でシーバスを釣るのは、暖かくならないと、釣果に恵まれないことが多いです。デイゲームはナイトゲームと比較をするとどうしても、魚の活性は落ちます。魚は、夜行性ですからね。しかし、ナイトゲームと比較をして、釣果に恵まれる可能性が低くてもやはり、私個人としては、デイゲームでシーバスを釣る楽しさから、釣行のほとんどがデイゲームとなります。2019年もデイゲームから初フィッシュ(シーバス)を獲ることができたので、その模様をお伝えしますね。
若洲海浜公園でシーバスを釣りあげろ!!2019年若洲海浜公園釣行2日目
若洲海浜公園 デイゲームでシーバスを釣りあげろ!!2019年3月釣行3日目

スポンサーリンク

若洲海浜公園でのシーバス釣り冬の寒さがガッツリ残る2月下旬

釣行日は、2019年2月下旬。場所は、私がいつもシーズンの最初に釣行をする若洲海浜公園。この日は、満潮朝7時24分、干潮13時40分。満潮から干潮にかけての3時間でシーバスを狙います。2019年の2月は例年の2月を比較をして、多少は暖かい日が続いており、この日も、朝マズメで7度。2月の朝マズメにしては暖かい気温ですが、2月ですからね。寒いです。身体は防寒をしていますが、指が寒いです。指が寒いとルアー交換が一苦労ですよね。いろいろなルアーを使いながら、シーバスが居るであろう海にキャストをし、続けます。水の流れや、濁りの具合から「たぶん、釣れるだろう」と思いながら、水面を見ていると、何度か、シーバスが「ライズ」。「ん?さっきの魚体はシーバスだよな」と自分に言い聞かせながら、満潮の海にレンジを刻みながら、様々なルアーでシーバスを誘っていきます。使用したルアーは、鉄板(プライアル)、コアマンVJ、ジグヘッドワーム、コアマンバックチャター、ミノープラグ、樹脂バイブのキックビート、サルベージなど、多くのルアーを使って誘いました。そして、ついに、「その時」が来た!!

若洲海浜公園でのシーバス釣りでデイゲームにてヒットしたルアー

満潮から下げの流れが入り、潮が動いて約1時間、良い感じに流れが出ていて、「この流れなら魚が出るだろう」と今までの経験から感じとった矢先、フルキャストした鉄板(プライアル)を流れの中で「ステイ」させると、「ズンッ」と重みのある「アタリ」。間髪入れず、「合わせ」を入れると「乗った!!」引き具合から間違いなくシーバスと確信をしました。掛けた距離は陸から約50m付近、浮かせると「エラ洗い」で外れてしまう可能性があるので、終始ロッドを寝かせてテンションをしっかりかけて巻いてくる。ドラグは強めにしてあるので、「この引きなら充分ドラグ出さずに勝負できる」あっと言う間に足元まで寄せて来て、後は、足元のツッコミをかわすだけ。シーバスが最後の抵抗を見せる。「ロッドワーク」でしっかりと「いなし」ここぞとばかりにロッドを上げてシーバス浮かせ、ネットイン。テールフック1本でのネットインでした。
シーバス釣り 若洲海浜公園
サイズこそ無いですが、2019年デイシーバス初フッィッシュ。嬉しい1本です。
シーバス釣り 若洲海浜公園

若洲海浜公園のシーバスをルアーで狙う時季

昨年2018年のデイシーバス初フィッシュは同じく若洲海浜公園にて
2018年シーバス釣り初ヒットは春(3月初旬)の若洲海浜公園デイゲームにて
産卵から終えたシーバスが戻ってくるタイミングが東京湾奥では、2月中旬頃。河川では「バチ抜け」と言われる現象が発生する時季です。「バチ抜け」が始まるとナイトゲームではシーバスの釣果が出てくるようになりますが、デイゲームでは、2月中に釣果を出すのは、なかなか難しい状況です。しかし、私の考えでは、ナイトゲームでシーバスの釣果が出ているのなら、デイゲームでも「チャンスはあるはず」と思い、2月の中旬から、デイゲームでのシーバスを狙って調査に行きます。3月の初旬では、ほぼ間違いなく、デイゲームで釣果を出しているので、若洲海浜公園のシーバスをルアーで狙う時季は、3月からでしょうね。もちろん、まだまだ、デイゲームでは釣果を出すのは難しい時季です。ゴールデンウィーク頃になれば、デイゲームでもそこそこ釣果を期待できるでしょうね。
若洲海浜公園では例年12月くらいまで、デイゲームでシーバスの釣果を聞くことができます。

若洲海浜公園でのシーバス釣りデイゲームにて2019年初フィッシュまとめ

2月下旬のデイゲームで釣果を獲ることができたのは、私の経験上、初めてです。タイミングが良かったのでしょうね。潮の流れ、濁りが良く効いてました。若洲海浜公園でシーバスの釣果を出すには、デイゲームならとにかく飛距離が出せるルアーを使うことが良いです。ベイトが接岸して、シーバスが岸に寄っていれば、ミノーでも充分に喰ってきますが、ベイトが接岸するタイミングにそうそう「アタル」ことがないでしょうから、飛距離を出して、広いレンジを探った方が、釣果に結びつく確立が上がります。毎年、春先からデイゲームでのシーバスの釣果が聞こえてくる若洲海浜公園なので、安全対策をしっかりして、是非、デイゲームでシーバスを狙って見て下さい。足元の安全対策は、私はこの靴を履いています。
人口磯ではこの靴が履きやすいですよ。

人口磯は滑りやすいですからしっかり安全対策をしましょう。

堤防付近の足場が良いところではこの靴が動きやすいですよ。

シーバス釣りでキャストテクニックを使わず飛距離を伸ばす方法
シーバス釣りで釣果を上げるための効果的なルアーの動かし方
シーバス釣り初心者が2倍楽しめるシーバスを釣るために必要なもの

スポンサーリンク