釣りに使うグローブで防寒ができるおすすめのグローブ

多くのアングラーが釣りにグローブが必要だとは感じてないですよね。グローブをすると、細かい作業がやりずらくなりますからね。しかし、釣りにグローブをすることでのメリットは、私は大きいと思います。私が感じる、釣りにグローブをするメリットは、冬の防寒、ロッド(竿)を振った時に、グリップが効いて滑りにくくなる。野球で言うとバットを振る時に、グローブをするのと同じ感覚です。グローブをすることで、手を守ってくれるメリットもあります。このようなメリットを感じることができる、釣りで使うグローブはどんなグローブなのかを紹介します。

スポンサーリンク

釣りにグローブは必要か?

釣りにグローブは必要か必要ではないか?という応えは、私はなら、釣りにグローブは必要と応えます。釣りにグローブが必要な理由は、先にお話をした、釣りにグローブをすることでのメリットがあるからです。もちろん、釣りにグローブをすることで、細かい作業がしずらくなるデメリットはありますが、それでも、釣りにグローブをすることでのメリットの方が大きいので、私は、釣りにグローブは必要と応えます。

釣りにグローブを使用する効果

釣りにグローブを使用する効果は、グリップ力を上げるためと、防寒を保つため、手の安全を保つための3つになると思います。この3つ以外の効果もあるとは思いますが、私が感じる釣りにグローブを使用する効果としては、この3つの効果を感じます。

釣りに使うグローブで冬防寒が期待できるおすすめのグローブ

釣りにグローブを使う効果として、防寒が求められますが、冬の釣りは、どんなグローブをしても寒いことには変わりありません。しかし、グローブによって、寒い中でも指の感覚を保ち、作業ができる程度までの防寒はできます。いくつか冬の防寒のためにグローブを使いましたが、このグローブが一番私にとっては使い勝手が良かったです。

冬の防寒が重視なのでフルフィンガーのグローブですが、指が動くのはもちろんのこと、キャストをした時に、ラインを放すタイミングも感覚として取れます。右手の人差し指に、ラインで擦れないように、加工しているところが素晴らしいです。グリップ力も良く、ロッドをキッチリ振ることができます。冬のサーフなどで釣りをするアングラーには、おすすめのグローブです。
防寒着はアウターでは無くインナーからこのインナーがおすすめ!!

釣りに使うグローブで夏におすすめのグローブ

冬の防寒重視のグローブを先にお話しましたが、夏用のグローブはどのようなグローブを使用するのか?と言うと、夏は、暑いので、フルフィンガーのグローブはしません。夏はグローブ自体をしないこともありますが、私の場合は、グリップ力と安全面からほとんどの場合、夏でもグローブをして、釣りをします。私が夏に釣りで使用しているグローブはこのようなグローブです。

生地がしっかりしていますし、しっかりグリップしてくれるので、ロッドを安心して振ることができます。指先にフィンガーカバーすることでキャスト時にラインと指が絡める防止をすることができます。

釣りに使うグローブは普通に洗濯してよいのか?

グローブは、水に濡れたりすると臭くなります。手汗も掻きますしね。ある程度使用をしたら、洗濯をするのですが、私の場合は、通常の洗濯同様に、洗濯機に入れてグルグルまわしてしまいます。洗濯機にかけた後は、天日干しです。いわゆる、普通の洗濯物と同様に釣りで使用したグローブも洗ってしまいます。生地が傷むとか、気になるようでしたら手洗いが間違いなさそうですよ。
あると便利なウェーダーを購入する際のおすすめメーカーとは?

釣りに使うグローブで防寒ができるおすすめのグローブまとめ

冬に釣りで使うグローブは防寒を重視として、夏に釣りで使うグローブは、防寒というよりは、機能性が重視になりますね。今回紹介をしたグローブは、耐久性もありますから、季節によって使い分けることで、安心して良い釣りができると思います。是非、このグローブを使用してみて下さい。

スポンサーリンク