釣りで使用をするヘッドライトでベストなヘッドライトを紹介

釣りで使用をする際に、どのようなヘッドライトを使用するのが、良いのでしょうか?ヘッドライト1つで釣りの幅が大きく変わりますし、事故防止になるので、釣りで使用をするヘッドライトは、良いヘッドライトを選んだ方が良いですよ。最近は、小さくてとっても明るいのと、価格がお手頃で電池の寿命も長いヘッドライトが出ているので、紹介していきましょう。

スポンサーリンク

釣りでヘッドライトを使用する時にはルーメンの大きさにこだわる

釣りで使用するヘッドライトを選ぶ際に、大きな基準となるのが「ルーメン」の大きさです。
「ルーメン」っていったい何?と言うことですが、ルーメンは、ヘッドライトの「明るさを示す単位」です。ルーメンの単位が大きい程明るいです。
釣りで使用をするヘッドライトは、暗いより、明るい方が断然良いです。
では、ルーメンが大きいヘッドライトを購入するればそれだけで、良いのか?ということですが、釣りで使用するヘッドライト選ぶ際には、ルーメンだけが基準ではないので、他の基準もお話していきますね。

ヘッドライトの主な機能

ヘッドライトの機能は、いくつもあります。機能がたくさん付いているヘッドライトであっても、釣りでは基本、すべてのヘッドライトの機能を使うことは少ないです。私個人的に言えば、ヘッドライトについている機能で主に、使用をするのは、「角度を変える」、「遠い場所か近い場所かで光が届く距離を変える」くらいしか、ヘッドライトについている機能を使用しません。私が釣りでヘッドライトを使用する際は、仕掛け(ライン)を結び直すきや、魚を取り込む時、光の少ない場所を歩く時くらいなので、両手があいて、明るいヘッドライトであれば、充分です。
ヘッドライトの機能として、ストロボや、後部ランプがついているヘッドライトもありますが、ストロボや後部ランプの機能は、使用をすることが少ないと思います。

釣りで使用するヘッドライトで必須の機能は防水

釣りで使用をするヘッドライトの機能は、ほとんど使うことが無い、私ですが、後部ランプあった方が良いです。特にウェーディングをするのなら必須機能です。雨の中でも釣りをする時とがあるので、防水機能も必須です。防水機能が付いているヘッドライトで、ベストなヘッドライトはこれです。

ヘッドライトは、明かりの無い釣り場で細かい作業をする時に、必須アイテムですが、相手の自分の存在を知らせることにも、ヘッドライトが役に立ちます。夜釣りでは、いきなり人が現れたらビックリしますからね。

スポンサーリンク