釣り用ヘッドライトの選び方でシーバス釣りが劇的に変わる

シーバス釣り 朝マズメ

デイゲーム(昼間の釣り)がメインの私でも、ヘッドライトは、3つも持っています。それぞれ、明るさが違い、手元だけを照したり、周りを照らしたり、用途によって使い分けています。私の場合は夜明け前から釣場に入ることが多いので、デイゲームがメインと言っても、ヘッドライドは必須アイテムになります。
もちろん、私の持っているヘッドライトは、ナイトゲームにも使えますので、「信頼できる良い」ヘッドライトを持っていると安心です。
そこで、私がヘッドライトを選んだ際に気をつけたことを、お話します。
朝マズメの時合いに出るか若洲海浜公園にてルアーで狙うシーバス!!

スポンサーリンク

釣り用ヘッドライトの選び方で気をつける3つのポイント

私が釣りで使うヘッドライトを購入する際に気をつけたことは、次の3つのポイントです
・明るさ
・使いやすさ操作性
・電池の寿命、充電式かどうか?
それぞれのポイントを話していきますね。
ヘッドライトの明るさは、「ルーメン」と言う単位で示されています。ルーメンの数字が大きければ大きいほど、明るいです。釣りで使用をするヘッドライトは、明るいのに越したことはありません。できるだけ「ルーメン」が大きな数字のヘッドライトを選びます。ルーメンが大きくなると、ヘッドライト自体が大きくなる可能性があります。使いやすさですね。
ヘッドライトですから、大きくて重量があるヘッドライトですと、着けていて、疲れます。
長時間、ヘッドライトを頭に着けておかなければいけない状況なら、極端に大きなヘッドライトは、疲れるのでやめたほうがよいですよ。
多少、ルーメンの数字が低くても、操作性を重視するのが良いです。ルーメンが大きくなると電池も使います。私は、充電式のヘッドライトと、電池式のヘッドライト両方使用をしていますが、どちらのヘッドライトも、長時間使用をすると電池切れが気になります。簡単に電池交換ができることから、長時間ヘッドライトを使用する釣りならば、通常の電池式の方が充電式より良いです。

釣り用ヘッドライトで信頼できるメーカー

釣り用のヘッドライトで有名なメーカーは、「ジェントス」や「ゼクサス」です。ジェントスかゼクサスのヘッドライトを購入すれば、釣りで使用をするヘッドライトとしては、充分に機能します。ジェントスやゼクサスにこだわらなくても、良いのですが、私の経験上、ジェントスは、わりと耐久性があり、何年も持ちます。ジェントスのヘッドライトは、たくさんの種類がありますから、ルーメンの大きさと操作性、価格から選択して見て下さい。

釣り用ヘッドライトで価格が安いとか高いとかの違い

釣りで使用をするヘッドライトの価格は、いろいろですよね。価格が高いから良いヘッドライトなのか?価格が安いからダメなヘッドライトなのかは、決め付けることはできないですが、私がヘッドライトを使ってきた感覚から、3,000円くらいのヘッドライトは、機能、操作性、耐久性ともに、安定しています。釣りで使用するのなら、3,000円ほどのヘッドライトで充分です。予算に余裕があれば、5,000円、6,000円のヘッドライトでも良いですが、私なら3,000円のヘッドライトを予備で2つ買います。

釣り用ヘッドライト選びでシーバス釣りが劇的に変わるまとめ

ヘッドライトは、釣りでは必須アイテムの1つですので、予備も含めて2つは持っておくと、便利で安心ですよ。ヘッドライトの価格は様々で、明るさも様々ですが、明るくて、耐久性があり、操作がしやすくて、3,000円くらいのヘッドライトを基準に選んでいけば、釣りで使用するヘッドライトとしては、充分に使用をすることができます。私が使用をしているヘッドライトは、この2つです。参考にして見て下さい

ジェントス ヘッドライト HWV433D

created by Rinker


送料無料 高光量 LEDヘッドライト

スポンサーリンク