ちょい投げ釣りで狙うカサゴの釣り方

ちょい投げ釣り カサゴ

カサゴが簡単に釣れる狙い方と言えば、岩場の穴やテトラの隙間に仕掛けを落として「そこに」潜んでいるカサゴを狙うのが一番簡単にカサゴを釣る方法です。カサゴは根魚と言われているので、障害物の周りに居ます。カサゴの居る場所に餌を落とせば掛かる可能性が高いですよね。障害物の隙間に餌を落とせば簡単に釣れるカサゴを、なぜ、わざわざ、ちょい投げ釣りで狙うのか?それは、ちょい投げ釣りでは、カサゴ以外の魚も狙えるからです。
ちょい投げ釣りであれば、キスやイシモチ、カレイなど砂地の魚も狙うことができます。砂地の魚を狙いながら、岩場の魚も狙うことができるのが、ちょい投げ釣りです。
ちょい投げ釣りで、カサゴを狙うには、ちょっとしたコツがあるので、そのコツを話していきます。

スポンサーリンク

ちょい投げ釣りでカサゴを釣るためのポイント

先ほども話ましたが、カサゴは根魚と言われているので、障害物の近くに居ます。カサゴをちょい投げ釣りで狙う場合は、地形が変化をしている場所。
根掛かりが多少ある場所が、カサゴが釣れるポイントとなります。根掛かりがあるということは、魚は付きやすいですが、仕掛けが無くなる可能性もあります。カサゴをちょい投げ釣りで釣るための仕掛けは、仕掛けが無くなることを考えて作らなければいけません。

ちょい投げ釣りでカサゴを釣るための仕掛け

ちょい投げ釣りでカサゴを釣るための仕掛けは、私の場合は、誘導天秤を使っています。おもりは、6号前後です。針は、2本針で9号前後、ハリスを短めにとります。カサゴは口が大きいので、針の大きさは大きくても平気ですが、私は、カサゴ以外の魚、キスも同時に狙うので、針の大きさは9号くらいにしています。軽めのおもりにすることで、仕掛けのコントロールがしやすいので、重いおもりは、つけません。ちょい投げして、仕掛けを底に落とし、地形が変化し始めたら、少し待って反応が無ければ、仕掛けを少し浮かせて、また、底まで付けて反応を待ちます。根掛かりしやすい地形で仕掛けを動かす時は、仕掛けを引きづると根掛かりするので、仕掛けを軽く浮かせる感じで誘うと、根掛かりを多少は回避できます。天秤仕掛けであまりにも、根掛かりが多いポイントであれば、1本針にして、中通しおもりをつけて、ぶっこんでおくか、胴付き仕掛けに変えて、誘って行くと、根掛かりを比較的回避することができますよ。

ちょい投げ釣りでカサゴを釣るための餌

ちょい投げ釣りでカサゴを狙う際の餌は、私の場合は、青イソメがメインです。なぜ、青イソメなのか?それは、カサゴ以外の魚も狙うからです。カサゴだけを狙うのでしたら、サバの切り身を塩漬けにした物を、中通しおもりにセイゴ針をつけて、ぶっこんで置くと、デカいカサゴが掛かりますよ。サバの切り身は、カサゴだけを狙うのに良い餌です。
サバの切り身を針につける際の注意として、サバの皮を針に通して下さい。サバの身だけ針に通すとすぐに外れてしまいます。サバの皮を通して身に針を埋める感じで付けると、外れにくいです。

ちょい投げ釣りでカサゴを釣るための竿

カサゴをちょい投げ釣りで狙う際の竿は、2m前後の短い竿が使い易いですよ。価格はあなたの予算に合う竿で良いと思います。軽くて短い竿が使い易いです。参考までに私が使っている竿を紹介しますね。
この竿は、ルアーも投げれますので、シーバスも狙うことができます。短かくて、軽くて強い竿なのでとても使い易いです。予算が合えば使って見て下さい。
LURENIST(ルアーニスト) 76ML
icon

ちょい投げ釣りで狙うカサゴの釣り方まとめ

カサゴのシーズンは、場所によって多少は異なりますが、4月、5月の春先は、比較的釣りやすい時季です。カサゴは日中はあまり動かないので、カサゴを釣るのなら、まだ、うす暗い朝マズメか、夕マズメから夜が釣りやすいです。カサゴは25㎝を超えるサイズになると、とても大きいですよ。30㎝なると「横綱級」と言われていますから、是非、大きなカサゴを狙って見て下さい。大きなカサゴは、サバの切り身を餌に、ぶっこんでおくのが良いかもですよ。
ちょい投げ釣りに最適なリールと番手の選択
ふれーゆ裏の釣りポイント夜釣りにて横綱級の尺カサゴを釣り上げた話

スポンサーリンク