春カレイの釣り方公開|初めてのカレイ釣りは春カレイを狙え

カレイ釣り 時期

春カレイを釣るための方法を話します。春カレイが好む地形。春カレイを釣るために必要な仕掛け。春カレイを釣るためのロッドとリールをそれぞれ紹介しますね。
今日の話を聴いてくれたらきっとカレイを釣ることができますよ
寒い時季にカレイを狙ってもなかなか釣れないのに春にカレイを狙うとサクッと釣れてしまう。寒さに耐えながら長時間カレイを狙ったあの時季はいったい何だったんだ!と言いたくなってしまうほど、春はカレイを釣るのに最適な時季です。ちょい投げで放置しておいたらカレイが釣れていた。ということは春だと結構あることですよ。なので、初めてカレイを狙うのなら春がオススメです。しかも、30センチオーバーの大型も簡単に釣れますよ。早速、春カレイの釣り方を話していきましょう。

スポンサーリンク

春カレイは近場に居る

では、どのようにしてオカッパリからカレイを狙うのか?
これからの話を聴いてくれたらオカッパリからカレイを狙う方法がわかります。春カレイは誰でも簡単に釣ることができますよ。なぜなら、春カレイはオカッパリからすぐソバに居ます。
春カレイを釣るのにテクニックなんていりません。カレイが居そうな場所へ仕掛けを入れて放っておけば良いだけです。カレイの居そうな場所を探すコツはこれから話していきますね。
初めてオカッパリからカレイを狙うのなら3月から5月がおすすめです。なぜかと言うと、この時季はカレイが餌を爆喰いするからです。
寒い時季に産卵を終えたカレイは暖かくなると沖へ戻る準備をします。そのため、体力をつけるのに餌を爆喰いします。
しかも、かなり近距離で餌を爆喰いするので初めてオカッパリからカレイを狙うには3月から5月がチャンスです。
僕は12月くらいからカレイ釣りをします。12月のカレイは遠投しないと釣れません。寒い時季にカレイを釣るにはテクニックが必要です。
しかし、3月から始まる春カレイは遠投が必要なくテクニックも必要ありません。現に、ちょい投げで釣れますよ。

春カレイを釣るためのポイント解説

春カレイが居そうなポイントを探すコツは3つです

・潮が緩やかな場所
・エサが豊富な場所
・障害物がある場所

具体的に説明をしますね。
潮が緩やかな場所とは、河川から海へつながる河口付近や潮の影響を受けづらい堤防付近です。エサが豊富な場所は食物連鎖が起きているところです。
小さな生物、カニやフナムシからイワシやアジなどベイトフィッシュが入ってくる場所がカレイにとっては良い場所です。
障害物がある場所とは、カレイが隠れることができる場所です。カレイは基本的には砂に潜って身を潜めています。けれども、サラサラの砂地より起伏があって障害物がある場所の方が身を隠しやすいです。どんな生き物も命を守ることが最優先ですからね。

カレイの引きはすぐにわかる

カレイは釣った時の達成感が他の魚とは違いますよ。ズッシリっと重みのある引き。存在感が違います。タモ網は必須ツールですよ。
カレイの釣り方はとても簡単です。
餌をたくさん付けた仕掛けをぶっ込んで待つだけです。20分くらいつづ誘って見ても良いですよ。あ、餌は1つの針に3匹から4匹チョン掛けにします。
餌の種類はイソメで十分ですよ。

まとめ

春カレイを釣るための道具を紹介しておきますので今すぐ手に入れて春カレイをサクッと釣ってしまいましょう。







スポンサーリンク