シーバス釣りで使用をするランディングネット(タモ)の失敗しない選び方

ランディングネット 枠 フレーム

シーバス釣りに関わらず、釣りでは、ランディングネット(タモ)があると大物が掛かった時でも安心ですよね。一言でランディングネットと言っても、どんなランディングネットが使いやすいのか?どんなランディングネットが耐久性があるのかなど、ランディングネットを選ぶ際に、失敗しない方法を話していきます。
有ると安心できるランディングネットですが、せっかくランディングネットを購入するのですから、シーバスくらいの魚をキャッチできるランディングネットを選択しておくと、おかっぱりから釣れる大抵の魚に対応ができます。
ランディングネットは、たくさんの種類がありますが、選択を間違えると、とっても使いづらいランディングネットを選択してしまうので、そうならないように、私が、いくつかのランディングネットを使ってきた中で、シーバス釣りで使用をする際に、使いやすいランディングネットを紹介します。

スポンサーリンク

ランディングネットの枠(フレーム)について

ランディングネットの枠(フレーム)の特徴として、丸型とひょうたん型の2種類があります。シーバスのように長めの魚をキャッチする際には、ひょうたん型の枠(フレーム)を使う方が丸型の枠(フレーム)より、使いやすいのでランディングネットの枠(フレーム)はひょうたん型を選択しましょう。

ランディングネットはラバーとナイロンどっちがよいの?

ランディングネットの素材は、私はナイロンのネットを使用しています。ラバー素材のネットは魚に優しいのですが、ルアーのフック(針)が取りにくいのと、水に浸かると重たくなるので、ナイロンのネットが使いやすいです。しかし、ナイロンのネットは、癖がついてしまったり、目が細かいとルアーのフックが取りにくくなるので、選ぶ必要があります。どんなナイロンのネットが使いやすいかと言いますと、昌栄のランディングネットが使いやすいです。

大きさは、ランカーシーバス(80cm)でもしっかりキャッチできるように、Lが良いです。いくつかネットを使ってきましたが、昌栄のネットが使いやすく、5年以上昌栄のネットを使用しています。癖がつかなくて、ルアーの針が絡まりにくいので、良いですよ。

ランディングシャフト(ポール)の長さについて

ランディングシャフトは、高さがある堤防などからでも、魚に届く長さにすると良いです。最低でも長さ4mくらいはほしいです。私は、5mのランディングシャフトを使っていますが、大は小を兼ねるということで、ランディングシャフトの長さが5mあれば、大抵の場所は充分に対応できます。しかし、ランディングシャフトの長さが長くなると、耐久性が問われます。ランディングシャフトって意外ともろいんです。あるランディングシャフトを使っていた頃は、何度も修理に出していました。今のランディングシャフトになってからは、1度も割れてないので、ランディングシャフトはそこそこ良い物を使用した方が良いです。おすすめは、テイルウォーク(tailwalk) CATCHBARです。

タモジョンイントでタモの携帯力をアップさせる

ランディングネットは、釣りをする際のアイテムとして必要なのですが、携帯するのにかさばります。そこで活躍をするのが、タモジョイントです。タモジョイントは、タモを携帯するのに、革命を起こしたと言っても過言ではないくらいのアイテムです。本当に優秀なアイテムですので、是非、タモジョイントをランディングパーツとして組み込みましょう。

スポンサーリンク