まだ、持っていませんか?これで安心釣り具で必須アイテムの魚を掴む道具

魚を釣った瞬間ってとっても嬉しいので、つい、素手で魚を触ってしまいますよね。魚によっては、素手では触りにくくてヌメヌメしている魚がいたり、ヒレに毒があったりするので、こんな道具を持っておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

メゴチバサミってメゴチ以外に使うハサミだよね

メゴチバサミという魚を掴む道具を聞いたことはありますか?今は、ワニグリップとも言われています。こんな道具です。

メゴチバサミが無くても釣りはできるのですが、あると便利な道具がメゴチバサミです。魚を掴む道具として、メゴチバサミは必須アイテムです。

メゴチバサミの由来

ところで、なぜ、メゴチバサミと言うのでしょうね?メゴチバサミと言いながらメゴチを挟むことがほとんどないんですけどね。メゴチバサミの由来を調べてみたのですが、よくわかりませんでした。メゴチには、トゲがありヌルヌルしているので素手では、掴みにくいから、メゴチを掴む道具があると便利なので、単純にメゴチを挟む道具からメゴチバサミとなった感じでしょう。

フィッシュグリップはEGグリップかオーシャンマークでしょ

メゴチやアジなど10cmから20cm前後の魚を掴む時には、メゴチバサミで充分ですが、大きな魚を捕える時には、フィッシュグリップというアイテムがあると便利です。フィッシュグリップは、魚を掴むというよりは、魚の口にホールドして捕えるアイテムです。こんな感じのアイテムです。

シーバスクラスの魚を捕る時には、フィッシュグリップがあると安心です。EGグリップとオーシャングリップを紹介しましたがどちらも、人気があるフィッシュグリップで、強度、ビジュアル、フィッシュグリップとしてと性能がとても素晴らしいので、フィッシュグリップの購入を考えているのでしたら、EGグリップかオーシャングリップがおすすめです。
フィッシュグリップの選び方

100均のペンチ対フィッシングプライヤー勝者はどっち?

魚を掴む道具と供に揃えておきたい道具の1つが、魚から針を外す時に使う、ペンチです。小型の魚ですと、針外しという道具がありますが、ルアーを使った釣りでは、ペンチを使って針を外します。フィッシュグリップで魚をホールドして、ペンチを使って針を外して下さい。間違っても、ルアーに使われている大きな針を素手で外すことはしないで下さいね。魚が暴れた瞬間に、ルアーの針が指に食いこんで大変な怪我をしてしまいます。
ルアーで釣った魚から針を外すだけでしたら、100均のペンチで充分ですが、ガン玉を潰したり、ライン(糸)をカットする機能がついているフィッシングプライヤーがあると、100均のペンチより便利ですよ。最近のフィッシングプライヤーは、安くて性能が良くなっているので、ご覧になって見て下さい。

100均のペンチと比較をすると、フィッシングプライヤーの方がデザインがカッコよくて機能がたくさん付いていて、錆に強いので、オススメです。
釣りで使用をするのに最適なプライヤーとは?

スポンサーリンク