魚のサイズを測るメジャーはどんなメジャーを使いますか?

魚を測るメジャー

釣り人であるならば、釣りを楽しむことはもちろんですが、やはり、大きな魚が釣れた時の喜びはありますよね。例えば、釣り人なら
誰もが知っている「ハゼ」という魚、ハゼは、大きくなると20cmを超えることもあります。5cmくらいの「ハゼ」しか釣ったことがないアングラーが、20cmを超える「ハゼ」を釣った時、それは、嬉しいはずです。そして、せっかく釣れた20cmを超える魚なのですから、サイズを測って記録に残しておきたいですね。魚のサイズを測る時のメジャーによって、見易さが違ってくるので、魚を測るためのメジャーをいくつか紹介していきますね。
ハゼ釣り
まだ、持っていませんか?これで安心釣り具で必須アイテムの魚を掴む道具

スポンサーリンク

魚のサイズを測ることができればどんなメジャーでも良い

正直、魚のサイズを測ることができればどんなメジャーでも良いですよね。魚のサイズが自分自身で判れば良いのですからね。学校で使う定規でも魚のサイズを測ることができます。でも、なぜか、定規で魚のサイズを測る釣り人はいません。そりゃそうですよね。定規ですと写真を撮った際に「メモリ」が小さすぎて、見辛いからですね。あと、せっかく大きな魚なのに、定規でサイズを測ると何だかカッコ悪い。せっかく記録に残すのですから、ハッキリサイズが判るメジャーを使って魚を測ったほうが後々、写真を見た時に、魚のサイズが見易いですよね。

魚のサイズを記録に残す時に、見易いメジャーが良い

せっかく大きな魚をメジャーで測っても、写真を後々見た時に、「メモリ」が小さすぎて、正確な魚のサイズが判らなければ、魚のサイズを測った意味がありません。写真でも見やすい「メモリ」のメジャーを使うのが良いです。私も、たくさんのメジャーを使ってきました。洋服のサイズを測るメジャーから、設計などに使うカタツムリのようなメジャー、ターボリンという素材でできいる釣りで良く使われるメジャーなど、大きさや規格が様々です。
いくつかのメジャーを使ってきて感じたのは、それぞれのメジャーに、一丁一旦があります。素材が鉄のメジャーは錆びます。メモリが小さいです。ターボリン素材の釣り用メジャーは、癖が付いてメジャーがまっすぐにならないです。「メモリ」が小さなメジャーは、どんな素材でも見づらいです。

魚のサイズを測るメジャーはどんなメジャーを使いますか?まとめ

魚のサイズを測るメジャーはいろいろなメジャーがある中で、どのメジャーが使いやすいか?ということですが、私は、このメジャーをおすすめします。

MOREBITES(モアバイツ) USC-001 COMPACT SCALE

このメジャーをおすすめする理由は、「安い」。そして、「見易い」。小さく丸められるので、携帯に便利だからです。メジャーって意外と邪魔です。でもメジャーが無いとせっかく大きな魚が釣れても、サイズを測ることができません。小さくまとまり携帯しやすくて、安くてサイズが見易いメジャーなら、いつでも携帯できて良いですよね。数ある釣り用メジャーの中でも納得のメジャーです。少々価格が上がりますが、おまけで、魚に優しいメジャーを1つ紹介しますね。

椿研究所 メモリアップ (ターポリン メジャーシート)
created by Rinker
¥1,980 (2019/11/14 09:17:00時点 楽天市場調べ-詳細)

夏場に魚のサイズを測る際には、直接コンクリートに魚を置くと、弱ってしまうので、このくらい大きなメジャーですと、メモリも見やすくて魚にもやさしくて、安心です。

スポンサーリンク