タコ釣り 防波堤からタコを簡単に釣り上げるための方法

防波堤 タコ釣り

防波堤からタコを釣る。タコって釣れるの?タコは釣れます。タコ釣りは何十年も前から確立された釣り方です。魚に比べるとタコ自体が少ないので専門に狙う人は少ないですが時季になると防波堤でタコ釣りをしているアングラーは必ずいます。タコは誰でもできる簡単な仕掛けで釣ることができます。食べて美味しいですし。大きなタコは2㎏や3㎏が防波堤から釣れます。早速タコを釣るための竿、リール、仕掛けを見て行きましょう。

スポンサーリンク

タコ釣りの竿とリール

私がタコ釣りを堤防から始めたばかりの頃は、タコ釣り専用の竿はなくて太い投げ竿?に太いナイロンの糸を巻いて釣っていました。どんな竿とリールでもタコは堤防から釣ることができますが、せっかく道具が進化しているので、タコ釣り用の竿とリールを使ってタコを釣ってみましょう。タコ釣り用の竿とリールは安価ですので、1つ持っていると良いですよ。タコ釣り用の竿を調べるといくつかありますが、私は堤防からしかタコを釣りませんので、2mくらいの竿とベイトリールで歩きながら探っていきます。私のように歩きながらタコを釣っていくスタイルのアングラーには、このくらいのタックルが丁度良いですよ。

リールに巻く糸の太さはタコ釣りの場合、アングラーによってかなり誤差があります。PE10号を巻いているアングラーもいます。私が使っているベイトリールの適合PEラインのサイズが4号か5号だったので私がタコ釣りでリールに巻く糸は、PE4号を100m巻いています。


上記のタックルセットでは元々リールにPE4号が巻いてあるので糸は購入しなくて平気ですね。

タコ釣り仕掛け

防波堤 タコ釣り

タコ釣りの仕掛けはとってもシンプルです。タコテンヤと言われている仕掛けに疑似餌や魚などタコの餌となるものをのせてタコを誘って行きます。


タコ釣りは基本的にベタ底を狙うので根掛かりが多くなる釣りです。タコも自分の身を隠すことができる場所にいますから基本的に障害物が多くなります。タコテンヤの予備は必要です。今ではわりと安価でタコテンヤが売っていますので、見てみて下さい。どのタコテンヤでも防波堤からタコを釣ることは可能ですよ。タコテンヤをボトムにつけてユサユサと揺らしながらタコを誘って行きます。タコがテンヤに乗って来たら重くなるので、少し待って、タコがテンヤに乗り切ったのを見計らって大きく竿をあおります。タコが乗っている重みがあったら一気に巻き上げます。タコはへばりついたらとれませんから一気に巻き上げて下さいね。

タコ釣り時期・時間

防波堤からタコが釣れる時季や時間は何時頃なのでしょうか?私の行く防波堤では1年を通してタコを狙うことができます。数を釣るのなら梅雨時季から夏頃。大きさを狙うのなら冬。という具合です。タコを狙う防波堤によってタコが釣れる時季は異なります。、あなたがタコを狙う防波堤で、少しでもタコが釣れているならば、その時季は狙うことが可能ですね。タコを狙う時間帯は日中、明るい時間です。朝マズメから夕マズメまで1日を通して明るい時間であればタコは釣れます。タコの性質から夜は釣りずらくなります。

まとめ

防波堤から簡単に釣ることができるタコ。魚のようにグングン引くことはないのですが、タコが防波堤から釣れたら何だか、嬉しいですよね。タコはお正月になると、とても高価で取引をされますから冬のタコは高級です。タコは誰でも簡単につることができるので是非、チャレンジしてみて下さいね。

釣りに履く靴で防波堤を走っても滑りにくく安心して釣りに集中できる靴

釣りに履く靴で防波堤を走っても滑りにくく安心して釣りに集中できる靴

スポンサーリンク