探していたのはこの仕掛け!堤防タコ釣りでこのタコエギを使ってみたい人は他にいませんか?

堤防 タコ釣り タコエギ

6月梅雨に入った頃、タコ釣りの季節がやってきます。

近年ではタコングやオクトパッシングと言われて
すっかりタコ釣りが確立されました。

タコ専用のロッドも売っていますよね。

タコを釣るためのタックルはこだわれば
キリがないのです。

僕の場合は安価なタコロッドにPE2号からPE4号を使って
キャストして堤防からタコを釣っています。

安価なロッドでも十分釣果を得られるので
タックルは変えようと思いません。

しかし、「タコエギ」はチョイスして使用をしています。
堤防でタコを釣るための効果的な「タコエギ」について話しますね

スポンサーリンク

堤防タコ釣りは広範囲で釣れるのでキャストできるタコエギ仕掛けが有利

まず、堤防でタコを狙う際には「キャスト」できるタコエギが有利です。

際しか攻めることができないと
歩いてポイントを探さなけれなならないので
夏場のタコ釣りは汗だくになって疲れます。

キャストして探ることができれば歩くことが少なくなり
かつ、意外と遠くでもタコは釣ります。

タコは餌を見つけると「シューッ」と寄ってくるので
キャストして広範囲を狙いましょう

堤防でキャストしてタコを狙うためのタコエギ仕掛け

タコを釣る際にキャストして広範囲を狙うためには
適度な重さの「タコエギ」が良いです。

僕の経験ですと「タコテンヤ」より「タコエギ」の方が
操作をしやすいです。

なぜなら、「タコエギ」は作りがスマートで
キャスト時に空気抵抗を受けづらく太いPEラインでも
距離を出すことが出来るからです。

何よりタコエギ自体の重さが調整できるのが良いです。

重さが調整できるタコエギとは?

一部のタコエギだけですが、オモリを追加することでタコエギの重さを
調整する
ことができます。タコエギの重さを調整する方法についてもう少し詳しく話しますね

堤防タコ釣りでは重さを調整できるタコエギ仕掛けがベスト

タコエギの重さを調整する方法としてスナップを使用してナスオモリを付ける方法があります。

タコエギ自体を重いものに変えるのではなく
スナップでナスオモリを付けてキャスト用に改造する方法です。

この方法ですと元々のタコエギ自体の泳ぎに影響がありますよね。
なぜなら、ナスオモリを追加できるように
タコエギ自体が作られて無いのでナスオモリを付けることで
タコエギのバランスが悪くなります。

たまに見かけるのは、イカ用の「エギ」にナスオモリを付けて
タコを狙っている人もいます。

ちょっと勿体ないですよね。

イカ用のエギではカンナが弱くてせっかくタコを掛けても
バラシてしまう可能性が高くなります。

小さなタコならイカ用のエギでも良いのですが
タコはかなり大きいのも掛かりますからね。

やはり、タコ専用のカンナであるのが安心です。

さらに、キャストしやすいように最初からナスオモリを
簡単に脱着できる構造で作られている「タコエギ」なら
釣果を安心して期待することができますよ。

実際に僕が実釣した結果を話しますね

タコエギ仕掛けの使い易さと堤防タコ釣りの実績

僕がおすすめをする「タコエギ」はこれです(画像の手前ナスオモリが付いているタコエギ)です。
堤防 タコ釣り タコエギタコーレ
このタコエギはメガバスというメーカーから出ている「タコーレ」というタコエギです
タコーレが他のタコエギより優れているところは
オモリを簡単に脱着することができるので流れの速さ水深によって簡単にタコエギの重さを調整することが出来る事です。

しかも、ラバーやブレードを装着できる構造になっているので
タコーレをハデハデにしたい場合は是非、ラバーやブレードを付けてオリジナルのタコエギにしてみて下さい。

肝心なタコーレの使い方ですがとっても簡単ですよ。

タコーレ自体の重さは20gです。

ナスオモリを装着する時にはタコーレ自体の重さも考えて
ナスオモリを付けて下さいね。

では、タコーレの使い方ですが、まずは、キャストして
ボトムまでタコーレを落とします。

その後はタコーレにつけたナスオモリで地形の変化を感知していきます。

タコーレをシェイクしながらタコを誘っていきます。

シェイクしたタコーレが何かに引っかかって少しでも重くなったら「スーッ」と聞き合わせしてみましょう。

この時、タコが掛かれば重くなるので一気にリーリングをして
抜き上げます。(大きいタコはタモを使うのが安心です)

タコの釣果を伸ばすコツは、空振りでも良いので
少しでもタコエギが引っかかったら「スーッ」と合わせることです。この「合わせの数」だけタコの釣果が伸びます。タコは針に掛けなければ釣れないので「合わせ」は頻繁にした方が良いですよ。

まとめ

重さを簡単に調整できてキャストがしやすい「タコエギ」タコーレ。いかがでしたか?
使い方も簡単で実績もあるので是非、堤防タコ釣り、キャスティングタコ釣りで使用してみて下さい。

スポンサーリンク