シーバス釣りで釣果につながるショックリーダーの長さを解明してみた

シーバス釣りデイゲーム

シーバス釣りでは、メインラインにPEラインを使用することで、おかっぱりからでも、飛距離を伸ばすことできるようになり、釣りの幅が劇的に広がりましたよね。しかし、PEラインは、横に擦れる力に弱いラインですから、ルアーとPEラインの間にショックリーダーをかませるのですが、ショックリーダーの長さは、どのくらいが良いのでしょうか?
peラインをシーバス釣りで使う際におすすめしたいpeライン3種

スポンサーリンク

ショックリーダーの役割

そもそも、ショックリーダーとは、どんな役割なの?ということですが、ショックリーダーとは、PEラインの弱い部分をカバーする役割をします。PEラインの弱い部分とは?PEラインは横に擦れる力に対して弱いので、根掛りや根ズレでPEラインが擦れると一発で切れます。PEラインとルアーを直結していたら、根掛りで、すぐ、ルアーが無くなりますし、魚とのファイトでも、PEラインに魚体が触ったら切られてしまいます。このような、ラインブレイクを防ぐために、ショックリーダーと言われているラインを、PEラインとルアーの間にかませます。
シーバス釣りで釣果を上げるための効果的なルアーの動かし方

ショックリーダーの種類

ショックリーダーには、ナイロンと、フロロカーボンという2つの種類があります。ナイロンとフロロカーボンにはそれぞれ特徴があります。どんな特徴かを大きく分けて解説してみますね。

ショックリーダーを初めて使うにはナイロン、フロロカーボンどっちが良いの?

シーバス釣りで初めてショックリーダーを使うのであれば、ナイロンのショックリーダーが使いやすいです。ナイロンはフロロカーボンと比較をすると、柔らかくて、結びやすくて、価格も安いです。強度では、フロロカーボンに分がありますが、よっぽどストラクチャー(障害物)が多くて、根掛りしやすいフィールドでなければ、ナイロンのショックリーダーで良いかと個人的に思います。因みに私が行くフィールドは、ストラクチャーが多いので、フロロカーボンのショックリーダーを使っています。フロロカーボンは、ナイロンのように伸縮しないので、結びづらいですが、根ズレに強いです。

ショックリーダーの長さで釣果が変わる

ナイロン、フロロカーボンどちらのショックリーダーを使うにしても、ショックリーダーの長さで、キャストのしやすさが変わり、飛距離に影響してきます。飛距離に影響するということは、釣果にも関わってくるので、ショックリーダーの長さは、とっても重要です。では、ショックリーダーの長さはどのくらいの長さにするのが良いのでしょうか?
釣れる!夏のデイゲームでシーバスを釣り上げるために守った3つのこと

ロッドの長さとショックリーダーのバランス

ショックリーダーの長さをどのくらいとるのかは、アングラーによって違います。1mくらいショックリーダーを結んでいるアングラーもいれば、片腕くらいの長さでショックリーダーを結んでいるアングラーもいます。ショックリーダーをどの長さで結ぶのかの答えはアングラーよって変わってきます。キャスト時の抵抗を考えると、ショックリーダーとPEラインの結び目はガイドに入れずにキャストをした方が、飛距離を伸ばすことができるので、「垂らし」の長さを考えてショックリーダーは、キャストしやすい長さにするのが良いでしょう。ロッドの長さにもよりますが、おかっぱりからシーバスを狙う際には、60cmほど(片腕)の長さが扱いやすいショックリーダーの長さです。

オススメのショックリーダー

ショックリーダーは、価格と太さと使いやすさで選ぶのが良いと思います。数年私が使用をしてきて、安心して使えるショックリーダーを紹介しますので参考にしてみて下さい。ストラクチャーが多いフィールドでは、フロロカーボンの25ポンドくらいを使用しています。オープンなフィールドであれば、ナイロンの20ポンドで充分です。フィールドによってショックリーダーを使い分けても良いですね。

カストキングのナイロンショックリーダーは長さがあり価格も安くてお買い得です。

スポンサーリンク