黒鯛狙いでルアー釣り爆風の中旧江戸川河口にて会心の一撃炸裂

4月の初旬、前日から10m以上を記録する風が吹き続けているが、予報では、午前中は、風が弱まり、また午後から風が強くなるという予報。それなら、朝マズメ狙いでサクッと釣ってサクッと帰ろうという思いで、外に出ると、風の強さは、前日より弱まっているものの、まだ、強い。フィールドに着くと、さらに、風の強さを感じながら、予報通り、風が弱くなるのを待ちキャストしていく。

スポンサーリンク

黒鯛のルアー釣りで狙うポイント

旧江戸川河口の黒鯛をルアー釣りで狙う際には、足元までしっかりとルアーを引いてくることがポイントになります。しかし、足元までしっかりルアーを引いてくると、根掛りする可能性がかなり、高くなります。そうなんです。魚が掛かるか、根掛りするか、ギリギリのラインを攻める釣りになるので、とっても難しいです。
旧江戸川河口の足元の地形は、ゴロタ石が入っているカケアガリ状態になっています。ゴロタ石とフラット地形の境目辺りに、黒鯛が泳ぐ傾向にあるようで、ここに、ルアーが上手く入れば喰ってきます。もちろん、黒鯛が居ればということになりますが。
このように、とっても難しい狙い方なので、潮位が下がってくる時間に、キャストの立ち居地とルアーが泳ぐ高さを予想して足元までリーリングしていく釣りになります。

黒鯛のルアー釣りで使用をしているルアー

旧江戸川河口において、黒鯛狙いでルアー釣りをする際には、とってもタイトな釣りになるので、ルアーロストをした際に、できるだけコストを低く抑えるために、私は、このようなルアーを、旧江戸川の黒鯛を狙う際には、使用しています。

鉄板系ルアーの中でもかなり安くて、飛距離も出て扱いやすいルアーです。
この鉄板系ルアーのフックを、マルトのフックに変更して旧江戸川河口の黒鯛のポイントとなる、カケアガリギリギリを攻めて行きます。(マルトのフックについては、以前の記事をご覧下さい)
ルアーの交換用フック(針)はマルト(土肥富)のフックがおすすめ

下げ始め1時間後狙い通り黒鯛がルアーにヒット

予報とは反して、いっこうに止むことが無い風に、キャストのやりずらさを感じながら、潮位の具合からそろそろ、黒鯛を狙える潮位になっている頃なので、足元までしっかりとルアーを引いてくると、ドンッと、会心のヒット。
ヒット後一気に突っ込む引き。突っ込みながら左右に振る引き。黒鯛か!!しばらくのやり取りで、浮いてきたのは、ん?ギンピカ?妙に綺麗な鯛が見えた。と思ったら、キビレでした。
旧江戸川 ルアー釣り キビレ
キビレにしては、なかなかのサイズなので計測をすると、40cmジャスト。
体が大きくて、綺麗なキビレでした。
今回は、黒鯛では無く、キビレでしたが、これからの時季は、黒鯛、キビレと数が出る時季になるので、是非、旧江戸川で黒鯛を狙って見て下さい。爆風の中、会心の一撃となって釣行でした。しかし、風予報、完全に外れていました。
ルアー釣りでの釣果と解説まとめを見る

スポンサーリンク