ふれーゆ裏の釣りポイント夜釣りにて横綱級の尺カサゴを釣り上げた話

ふれーゆ裏釣りポイント

4月の下旬、暖かく、風も弱い予報だったので、夜釣りでカサゴやメバルを狙いにふれーゆ裏の釣りポイントへと釣行。現着すると、予想をはるかに超える車の数。まるで、週末の日中、釣り公園並みの混雑ぶりが予想できる程。ポイントは空いているだろうか?
タイミング良く、入り口付近のポイントが空いていたので、ここに今日の釣座を構えることにしよう。

スポンサーリンク

ふれーゆ裏の釣りポイントで使用をする仕掛け

ふれーゆ裏の釣りポイントの地形は、水深8mあるなし、沖は、砂地でフラットなっているので、根掛りは無いですが、柵から手前20m付近までは、岩礁地帯のカケアガリになっています。そのため、根掛りが激しいので、針、オモリ、天秤の予備はかなり必要です。仕掛けは、根掛りを極力回避できるような、胴つき仕掛けが望ましいです。(胴つき仕掛けでも多少根掛りはします)足元、壁際を攻めるのであれば、仕掛けの予備は、そこまで必要ないですが、魚が着くのは、岩礁地帯、カケアガリのポイントが多く、このカケアガリを攻めるには、ちょい投げから、少しづつ、誘いをかけていく釣りになります。
天秤仕掛けでも釣りはできますが、岩礁地帯を攻めるにはやはり、胴つき仕掛けが使いやすいです。特に夜釣りですと、視界が効きにくく、根掛りして、仕掛けを何度も交換するのは手間なので、ふれーゆ裏の釣りポイントでは、胴つき仕掛けをおすすめします。胴つき仕掛けで使用をするオモリは、私は、6号から8号を使用しています。キャストしてもさほど距離は出さないので、6号程度のオモリで充分です。

ふれーゆ裏の釣りポイントで使用をする餌

ふれーゆ裏の釣りポイントに限ることではないのですが、私が海釣りで使用をする際の餌は、青イソメが多いです。青イソメは、入手が簡単で(どこでもある)価格もお手頃。それでいて、いろいろな魚を釣る事ができます。日夜問わず、使用をすることができるので、とっても優秀な餌だと思っています。本日使用をする餌も、当然、青イソメです。
まずは、際から反応を見て行きましょう。

ふれーゆ裏の釣りポイントでの夜釣りで狙う魚

ふれーゆ裏の釣りポイントで夜釣りをする際に狙える魚の代表は、メバルとカサゴです。少し沖に投げると、アナゴも高確率で掛かってきます。春先から秋口の夜釣りでは、シーバスも掛かるようなので、ルアーアングラーも多いです。今回狙う魚は、メバルとカサゴ。カサゴは、春先、横綱級(25cm以上)が釣れるようなので、大物が掛かることを楽しみに狙っていきます。まずは、際からメバル狙いでしたが、反応が皆無なので、ちょい投げから岩礁地帯を攻めることに切り替えます。(同行パートナーがちょい投げから魚信を得たため攻めるポイントを変更)

ふれーゆ裏の釣りポイントでの夜釣り待望のヒット

相変わらず私のロッドには何の反応もないのですが、パートナーは、魚の気配を感じている様子。私が席を外している間に大きなアタリを取ったのですが、合わせが決まらずだった模様。しかし、次のキャストから、今度は、しっかり合わせて、魚が乗った!!
グングンと強い引き。ロッドがグッと曲る。ロッドをしっかり立てて、一定のスピードでリーリングしてくるよう声を掛ける。ドラグが出る。良い引き。もう少しで浮いて来る。来た!!デカイ!!姿を現したのは、口を大きく開けてフッキングしている横綱級のカサゴ。タモが無いので、メインラインを持ってランディング。
ふれーゆ裏釣りポイントカサゴ
計測すると、尺(30cm)に乗る横綱級のカサゴ
(メジャーのスタートが若干ずれているので30cmピッタリくらい)
この大きさのカサゴは、なかなか釣る事ができないです。
アタリがかなり、強烈だったことを予想できます。
しかし、デカイ。今年の大物賞でしょう。
ふれーゆ裏釣りポイント
この後も、釣果を狙って行きましたが、残念ながら、釣果は。尺カサゴのみ。
私のロッドには、最後まで反応が無しでしたが、パートナーの大物釣果に満足です。今年は、幾度か、夜釣りへ釣行できそうなので、引き続き、横綱級のカサゴを狙って釣行していきます。次の釣行ではどんな釣果が待っているのか楽しみです。
海釣り初心者でも魚が釣れるコツまとめを見る

スポンサーリンク