ちょい投げ釣りで使用をするメインラインを選ぶ際のコツ

ちょい投げ釣り アルミ三脚

ちょい投げ釣りの醍醐味は、簡単な仕掛けで、多くの魚種を釣ることができることにあります。本格的な投げ釣りでは無くて、ある道具で魚を釣ることができるのが、、ちょい投げ釣りであり、テクニックなどほとんど必要無くて魚を釣ることができるのが、ちょい投げ釣りの魅力です。そして、時には、思いもよらない大物まで掛かる時があるのも、ちょい投げ釣りの楽しみです。ちょい投げ釣りのタックルは、特にこだわる必要は無いのですが、スムーズにちょい投げ釣りをするのならば、メインラインは、ある程度整えておいた方が、釣りに集中できます。ラインは、消耗品ですし、ラインが消耗してくると、スムーズにキャストができなかったり、バックラッシュという、現象が起き易くなって、スムーズに釣りができなくなります。仕掛けの作り直しということをできるだけ避けるためにも、ラインを整えることは重要と言えます。そこで、ちょい投げ釣りに使用をするラインの種類ですが・・・

スポンサーリンク

PEラインとナイロンどちらを使用する?

ラインの種類は、主に、PEラインとナイロンラインの種類に分かれています。ちょい投げ釣りに使用をするメインラインは、ナイロンラインを使用すると、使いやすいです。3号くらいあれば、充分な強度でしょう。しかし、ナイロンラインは、巻き癖がつきやすいので、交換頻度を上げたほうが良いでしょう。巻き癖がついたラインは、絡まる原因になります。巻き癖がつかないラインはPEラインです。PEラインはナイロンラインと比べると、高価ですが、細くてひっぱる力に強いので、大物とのファイトも安心してできます。しかし、ナイロンラインより、軽いので風がある時は、なれるまで、使いにくいです。そして、横に擦れる力には、弱いので、仕掛けにPEラインを直結すると、すぐに切れます。PEラインはあくまでもメインラインとして、仕掛けにラインを結ぶ時は、仕掛けとPEラインの間に、ナイロンラインを噛ませます。こうすることで、根掛り時も、PEラインからのブレイクを防ぎ、巻き癖が無いPEラインでキャストをよりスムーズに行うことができます。ちょい投げ釣りで使用をするメインラインの基本は、ナイロンラインで充分ですが、PEラインを使用をすることで、キャストをスムーズに行うことができるのと、ちょい投げ釣りでも、ある程度の飛距離を出すことができるようになります。大物とのファイトも安心してできます。因みに、PEラインは1号あれば、ちょい投げ釣りでは、充分ですよ。私がちょい投げ釣りをする場合は、シーバス用のリールとロッドなので、PEラインを使用しています。シーバスタックルを代用して、ちょい投げ釣りをしているので、ちょい投げ釣りで釣れる、ある程度の魚に対応することが出来ています。PE1号あれば、1m近いエイとも勝負できちゃいます(笑)ちょい投げ釣りと言えども、大物が掛かる可能性がありますからね。もちろん、ナイロンラインでもちょい投げ釣りを楽しむことはできますので、予算にあったタックルで魚を狙って見て下さい。初めてPEラインを使用する際にはこのPEラインがおすすめです。ライントラブルが少なくて、耐久性があり、扱いやすいPEラインですよ。


高速リサイクラーでPEラインを逆巻きしてライン代を節約しよう

スポンサーリンク