陸から太刀魚を釣る時まだ、餌釣りですか?もっと効果的な方法を公開します

太刀魚の釣り方

陸から太刀魚を釣る方法はたくさんの方法が確立していますよね。自身の得意な釣り方で太刀魚を狙うのが一番釣りを楽しめる方法です。けれども、釣りを楽しむ一方で釣り方をたくさん知っていた方が釣果に結びつく可能性がありますよね。状況に合わせて釣り方を変えて行けると、もっと、釣りを楽しめます。ということで普段、餌釣りで太刀魚を狙っているのでしたらこれから僕が話すことはきっと、太刀魚の釣果を上げることができますよ。

スポンサーリンク

太刀魚はルアーでも餌釣りでも釣れる

僕が陸から太刀魚を狙う時に行う釣り方は「ルアー釣り」です。なぜ、ルアー釣りで太刀魚を狙うのか?僕は元々キャストして魚を釣ることが好きでシーバスをメインに釣りをしています。太刀魚を狙う時の竿とリールはシーバスを狙う時の竿とリールと同じだからです。かつては、泳がせ釣り、キビナゴの餌釣りで太刀魚を狙いましたが普段からルアー釣りをメインにしている僕としては、ルアーで太刀魚を狙うことで釣果を上げることが出来ました。餌釣りで太刀魚を狙っていた頃は餌だけ摂られることが多かったのですが、ルアーですと、ほぼ一発でフッキングできるので高確率で太刀魚を掛けることができます。餌釣りからルアー釣りを想像するとちょっと難しいかな?と思いますけど、太刀魚のルアー釣りは基本「投げて巻く」だけなので簡単ですよ。

陸からの太刀魚釣りで使うルアーはたった1つ

陸から太刀魚を狙う際に使うルアーと言うとどのルアーを使えば良いのか気になりますよね?僕が陸から太刀魚を釣る時に使うルアーはたった1つだけです。「投げて巻く」だけの使い易いルアーなのでまずはこのルアーを使って見て下さい。


気がつきましたか?
キビナゴを挟んで使うルアーです。餌とルアーのハイブリットです。
太刀魚ゲッター 太刀魚釣り いかにも太刀魚が釣れそうですよね。実際に僕はこのハイブリットルアーで太刀魚を釣っています。なぜ、太刀魚ゲッターが良いのか?
餌釣りとルアー釣り、魚にとっては当然、餌の方が良いです。ルアーはあくまでもルアーで実際には食べれませんからね。太刀魚ゲッターは餌とルアーのハイブリットなので餌の良さとルアーの良さ両方を組み込んでいます。釣れる要素しかないですよね。

太刀魚ゲッターの使い方

キビナゴをセットしたらキャストします。水深によりますがルアーが着水したらカウントして太刀魚がいるタナを探って行きます。例えば、僕が太刀魚を狙う場所は水深が約10メートルあります。ボトムまで20カウントくらいです。最初に狙うタナは15カウントからです。アタリが無ければ10カウント、またはボトムを取ったりいろいろなタナを探って行きます。餌釣りではタナを探るのが難しいですが太刀魚ゲッターなら簡単にタナを探ることができます。因みにカウントを数えた後は、ゆっくりルアーを巻いてるだけで良いです。太刀魚のアタリは明確に「ドカンッ」と来ます。いきなりアタリが来るのでビックリしないように構えて巻いて下さいね。太刀魚が喰ったらしっかり「合わせ」を入れて一気に巻いてきます。ラインを緩めたらバレますからね。足元まで一気に巻いてきたらタイミングを計って抜き上げます。

まとめ

ルアーを使った太刀魚釣り。やってみるとそこまで難しく無いですよ。この機会に太刀魚ゲッターを持っておいて海の状況で試してみて下さい。普段は餌釣りで太刀魚を狙っている中で、太刀魚ゲッターが1つあれば攻める幅が広がるので釣果に繋がる可能性がありますね。


スポンサーリンク