シーバスロッドでクロダイ(黒鯛)を釣るために気をつけた3つのこと

旧江戸川 クロダイ(黒鯛)

ルアーでクロダイ(黒鯛)を狙う「チニング」と言われる釣法が確立をして、ルアークロダイ専用のタックルやルアーが続々開発をされ、クロダイのルアーゲームは、全国で有名になりました。一昔前は、クロダイ釣りと言うと、ヘチの落とし込みや浮き釣りがメインでしたけどね。今では、ルアーゲームの代表となっているクロダイ(黒鯛)です。ルアーゲームのクロダイは、サイズがデカイ。50cmを超えるトシナシがバシバシ釣れます。しかも、シーバスタックルで釣れるので、河川に入ってきたクロダイ(黒鯛)をシーバスと供に狙ってみましょう

スポンサーリンク

peラインとショックリーダーの太さ

河川でクロダイ(黒鯛)が釣れるポイントは基本、ストラクチャー(根掛りなどの障害物)が多いポイントです。そのため、peラインとショックリーダーの太さは、ある程度必要です。バランスとしては、私の場合はpeライン0.8号とショックリーダー22ポンドを使っていますが、より安心してファイトをしたい場合は、peライン1号が良いですよ。根掛りが多いポイントになるので、ショックリーダーは最低でも20ポンドはほしいです。

ルアーの種類とフックの強さ

クロダイ専門にルアーで狙うのなら、いろいろなルアーがありますが、私は、クロダイとシーバス両方を狙うので、使うルアーはもっぱら、バイブレーションです。しかも、根掛りが多いポイントなので高価なルアーは使いません。どんなルアーを使うのか?というと、このルアーです。

激安鉄板ルアーの定番となっているルアーです。この価格で全国で実績がある鉄板ルアーなので、かなり信頼できるルアーです。ただし、標準でついているフック(針)が弱いので、フックは「がまかつのSPMH7号」に変更をしています。クロダイの口は、かなり堅いのでフックの強化は必須です。

旧江戸川 クロダイ(黒鯛)

シーバスロッドの種類

ルアーとラインが決まったところで、シーバスロッドの種類ですが、硬さで言うとMLクラスは、ほしいです。Lクラスのシーバスロッドでも50cmクラスのクロダイを釣る事はできますが、クロダイの強烈な突っ込みに対して多少強引なファイトもできる、MLクラスのロッドが安心です。鉄板系のルアーを振り切るためにもMLクラスは、ほしいです。

シーバスとクロダイ(黒鯛)両方を釣る

MLクラスのシーバスロッドと激安鉄板バイブ、0.8号のpeラインと20ポンドのショックリーダーでクロダイとシーバスの両方を釣る事ができます。それも、シーバスで言えば80cmを超えるランカー、クロダイなら50cmを超えるトシナシの大型を釣る事ができるので、是非、このタックルバランスで大型の魚を狙ってみて下さい。
わずか月240円でシーバスロッドが折れても安心できる釣り保険に入ってみた

スポンサーリンク