タモホルダーは一度使うと手放せない|タモを携帯できる腰ベルトが便利すぎる

フィッシングツール腰ベルト

シーバス釣りでタモやプライヤー、フィッシュグリップをどのように携帯していますか?多くのアングラーはヒップバッグやフィッシングベストにタモやプライヤーを装着していますよね。実はタモやプライヤー、フィッシュグリップを携帯するのに腰ベルトがあると便利です。腰ベルトとはどんな商品なのか?腰ベルトの選び方を紹介していきますね。おまけでタモホルダーやプライヤーなども紹介しています。

スポンサーリンク

シーバス釣りでタモを携帯するのにタモホルダーと腰ベルトが便利すぎる

タモを携帯するためにはタモホルダーが必要です。今では当たり前のように使用をされているタモホルダーですがタモホルダーが出始めた頃は革新的な道具でした。タモホルダーが出るまでタモはベルトで肩に掛けていました。ところが、タモホルダーが出たことで今ではタモを肩に掛けるアングラーは居なくなりました。タモホルダーは本当に革新的なアイデアです。まだタモホルダーを装備してなかったらこの機会にタモホルダーを装備しましょう。

革新的な道具と言えば、、、
タモジョイントも革新的な道具です。
今では当たり前のようにタモを折りたためますがタモをコンパクトに携帯できるうようになったのはタモジョイントのおかげです。

シーバス釣りで使用をするランディングネット(タモ)の失敗しない選び方

シーバス釣りで使うプライヤーの選び方

釣りで使うプライヤーとは魚からルアーの針を外したりフックを替える時に使います。
シーバスからルアーを外すだけなら100均のペンチでも良いです。僕もシーバス釣りを始めた頃は100均のペンチを使っていました。ところが、釣り場で知り合ったアングラーが釣り専用のプライヤーを使っていたのです。少し使わせてもらいました。そしたら、100均のペンチと比較をして釣り専用のプライヤーは軽い、細かい動きができる、見た目がカッコ良いです。早速僕は、釣り専用のプライヤーを購入しました。


この他にも釣り専用のプライヤーはたくさんあります。


次はフィッシュグリップについて話していきます。

シーバスをやさしくしっかりホールドできるフィッシュグリップ

シーバス釣り フィッシュグリップ
シーバスからルアーを外す際にフィッシュグリップで魚をしっかりホールドしてからルアーを外さないと魚が暴れて怪我をする可能性があります。素手で魚を持ちながらルアーを外すアングラーを見かけますが危ないですよ。魚が暴れてルアーが手に刺さる可能性がありますし魚のヒレや口で手を怪我する可能性もあります。

しっかり魚をホールドできるフィッシュグリップとは?

フィッシュグリップはどのフィッシュグリップでも用途は変わらないです。変わるのは価格と形状です。価格はいろいろあるので予算に応じて選択して下さい。形状は魚の口が貫通しないようにフィッシュグリップの先が内側に丸くなっているのを選ぶのが良いです。
なぜなら、フィッシュグリップで魚をホールドした際に魚の口に穴が開いてしまったらリリースしても餌をうまく食べれなくなるからです。
人間の口に穴が開くのと同じように魚の口に穴が開いてしまったら食事がうまくとれません。
魚をやさしくリリースするためにもフィッシュグリップの先が内側に丸くなっているのを選ぶのが良いです。

シーバス釣りで機動力をあげるならあると便利なベルト

これまで紹介をしてきたプライヤー、タモ、フィッシュグリップは魚が掛った時すぐ使えるようにしておきたい道具です。そのため、身の回りに装備しておくが必要です。そこで、道具を身の回りに装備するため役立つ腰ベルトを紹介します。

その名の通りカメラの道具を装備するためのベルトですが釣り具を装備するためのベルトとしても便利に使うことができます。
1度使ったら手放せないベルトですよ。ぜひ使って見て下さい。

スポンサーリンク