シーバス釣りで使用をするタモ網やプライヤーを携帯できる腰ベルトが便利

フィッシングツール腰ベルト

シーバス釣りで使用をするタモ網やプライヤー、フィッシュグリップなどの道具をどのように携帯していますか?多くのアングラーは、ヒップバッグや、フィッシングベストにタモ網やプライヤーを装着をしていますよね。実は、タモ網やプライヤー、フィッシュグリップを携帯するのに、こんなに便利な腰ベルトがあることを知っていましたか?

スポンサーリンク

シーバス釣りでタモ網を携帯するためにはこの道具が必要

もうすでに装備をしているアングラーが多い、タモ網を携帯するための道具「タモホルダー」。今では、当たり前のように使用をされている「タモホルダー」ですが、タモホルダーが出始めた頃は、革新的な道具でした。タモホルダーが出てくるまでは、タモはベルトで肩に掛けていましたから。それが、タモホルダーが出て、今ではタモを肩に掛けるアングラーは、ほぼ居なくなりました。それだけ、革新的な道具がタモホルダーです。今では、タモホルダーが最初から付いているタモも多くなりましたよね。タモホルダーは、本当に革新的なアイデアです。まだ、タモホルダーを装備していないのでしたら、是非、この機会に、タモホルダーを装備することをオススメします。

革新的なアイデアと言えば、タモジョイントもタモ網の携帯方法を変えた革新的な道具ですよね。今では、当たり前のようにタモ網が折りたためますが、タモ網がこんなにコンパクトに携帯できるうようになったのは、タモジョイントのおかげです。

タモホルダーとタモジョイントは、タモ網の携帯方法を革新的に変えた今では、必須のアイテムですよね。
シーバス釣りで使用をするランディングネット(タモ)の失敗しない選び方

シーバス釣りで使うプライヤーの選び方

シーバス釣りで、ルアーをシーバスのから外す時、どうしてますか?100均のペンチとかでルアーをシーバスから外していませんか?私もシーバス釣りを始めた当初は、ルアーをシーバスから外す際に、100均のペンチを使っていました。100均のペンチでも特に不備は無かったのですが、専用のプライヤーを使い始めたら、100均のペンチより、圧倒的に使いやすいです。100均のペンチと比較をして、専用のプライヤーは、軽い、細かい動きができる、見た目がカッコ良いです。専用のプライヤーもいくつかありますが、私が使っている、プライヤーは、特に、軽くて、長さが丁度良くて、握りやすいプライヤーです。プライヤーのメーカーとして、とっても信頼できるメーカーで、もう、何年もこのプライヤーを使っています。

シーバスをやさしくしっかりホールドできるフィッシュグリップ

シーバス釣り フィッシュグリップ
シーバスを釣った後、ルアーをシーバスから外す際に、しっかりとフィッシュグリップで魚をホールドさせてから、ルアーを外さないと、魚が暴れて、怪我をする可能性があります。素手で魚を持ちながら、ルアーを外すアングラーを見かけますが、危ないですよね。魚が暴れてルアーが手に刺さる可能性がありますし、魚のヒレや口で、手を怪我する可能性があります。

しっかり魚をホールドできるフィッシュグリップとは?

フィッシュグリップは、どのフィッシュグリップでも、用途は変わらないですが、1つだけ、気をつけて下さい。魚の口が貫通しないように、フィッシュグリップの先が内側に丸くなっているフィッシュグリップを使うようにすることです。
フィッシュグリップで魚をホールドした際に、魚の口に穴が開いてしまったら魚は、その後、どうなるでしょうか?
リリースしても餌を上手に食べれなくなってしまいますよね。人間の口に穴が開くのと同じように、魚の口に穴が開いてしまったら、食事が上手にできません。魚をやさしくリリースするためにも、フィッシュグリップで魚の口に穴が開かないように気をつけてホールドをしましょう。
私は、このフィッシュグリップを長年使っていますが、魚にやさしく、サイズがある魚でも、しっかりホールドできます。

シーバス釣りで機動力をあげるならあると便利なベルト

これまで紹介をしてきた、プライヤー、タモ網、フィッシュグリップは、魚が掛った時、すぐに、使えるようにしておきたい道具です。そのため、常に身の回りに装備しておく必要があります。そこで、これらの道具を身の回りに装備するため役に立つのが、このベルトです。
その名の通り、カメラマンが使用するベルトなのですが、釣りの道具を装備するためのベルトとしても、とても便利に使うことができますよ。1度使ったら、手放せないほど、便利なベルトですので、是非、使って見て下さい。

月々わずか240円 釣り保険(携行品特約)があるJCBカードを作ってみた

スポンサーリンク