ちょい投げ釣りに最適なリールと番手の選択

ちょい投げ釣りを行う際の、最適なリールについてお話をします。
リールには、スピニングリール、ベイトリール、タイコリールと大きく分けて3つのタイプがあるのですが、ちょい投げ釣りを行う際は、スピニングリールというタイプのリールが使いやすいです。スピニングリールの特徴は、ラインの放出がしやすく、リーリングもしやすいため、投げ釣りを行う際に、使いやすいリールのタイプになります。
初めてのちょい投げ釣りで使いやすいおすすめのロッド(竿)

スポンサーリンク

ちょい投げ釣りで使用をするスピニングリールを選ぶ際のポイント

ちょい投げ釣りで使用をするスピニングリールを選ぶ際のポイントは、私の場合は、スプールの大きさとラインの巻き取り量を重視しています。スプールの大きさは、3,000番から4,000番、ラインの巻き取り量は80cmから99cmほどです。ちょい投げ釣りで使用をするには、スプールの大きさが、3,000番だと大きいというイメージがありますが、私としては、大きな魚が掛かった時でも安心してやり取りができるパワーがほしいので、2,000番クラスのリールより、3,000番から4,000番クラスのリールを選択します。
今では、3000番クラスのリールでも随分と軽量化されています。
リールを巻く時に出る異音の原因を解決する方法を知りたいですか?

リールの選択が釣りの幅を広げる

ラインの巻き取り量と言うのは、ハンドル1回転に対して、巻き取れるラインの量です。リールの性能で言うと、ハイギアタイプ(HG)かエクストラハイギアタイプ(XG)を選択します。ハンドル1回転で巻き取れるラインの量が多いと、糸ふけを取りやすく、魚を掛けた時も早く持って来れます。
最近のリールは、ドラグ性能がついているので、大きな魚が掛かってもドラグを調整することで、良いファイトをすることができますが、スプールが小さいと、ハンドルを巻く回数が増えるために、やり取りに時間がかかります。スピニングリールを、ちょい投げ釣りだけで使用をするのであれば、2,000番クラスのリールでも充分ではありますが、3,000番クラスのリールであれば、ルアー釣りにも代用が効きますし、遠投の釣りにも代用が効きますので、ルアー釣りも視野に入れて、3000番クラスのリールがあると釣りの幅が広がりますよ。

スピニングリールの予算はどのくらいが良いのか?

釣り道具に掛ける費用は、アングラーの好みによりますが、最初に3,000番クラスのリールを求めるのでしたら、予算は1万円くらいとします。「なぜ、リールだけで、1万円なのか?」ちょい投げだったら、「リールと竿のセットでも良いのでは?」そうですよね。1万円もリールに掛けるのなら、リールと竿のセットで数千円の方が、安く済みますよね。なので、リールに1万円を掛ける必要はないのですが、リールに1万円程の予算を組むと、ちょい投げ釣り以外でも、ルアー釣りにも、この1万円程のリールを使うことができるので、将来釣りの幅を広げることを考えて、リールだけで1万円程の予算を掛けるのが良いと思います。
私がおすすめをする、ちょい投げ釣り、ルアー釣りに最適なスピニングリールは、シマノから出ているサハラです。デザインも良く、今、私がお話をしました、性能を持っているスピニングリールです。3,000番と4,000番を紹介しますので、是非、ご覧になって見て下さい。


シマノ(SHIMANO) 17 サハラ 4000XG【ナチュラムなら送料無料】

ちょい投げ釣りに使用をするリールに巻くおすすめのライン
月々わずか240円 釣り保険(携行品特約)があるJCBカードを作ってみた

スポンサーリンク