リールをメンテナンスする際の値段を安く抑える方法

リール メンテナンス 値段

リールをメンテナンスする際の値段を安く抑える方法は、アングラー自身がリールをメンテナンスすることです。とは、言っても、アングラー自身ができるメンテナンスって限られてしまいますよね。
リールを分解してしまっては、元に戻すのが大変ですし、少しでもズレが生じると巻き心地がおかしくなります。なので、リールの分解は、できることならしない方が良いです。リールを分解しなくても、リールのメンテナンスは、アングラー自身で充分できます。

スポンサーリンク

リールのメンテナンスで重要なこと

車と同じように、オイルを注入することがリールのメンテナンスでは、重要なポイントの1つです。
オイルの入れすぎに注意は必要ですが、1ヶ月に1度くらいは、シュッとオイルを入れてギアを馴染ませてあげることが良いです。今のリールは、分解をしなくとも、内部にオイルを入れる注入口がついていますので、オイルの注入口から、シュッと一吹きしてあげればギアは充分でしょう。そして、ハンドルの回転部分にも軽くオイルをつけてあげると良いです。さらに、リールがシャカシャカと鳴る事を防止するために、ラインローラーの部分にもオイルを軽く入れてあげます。特に、ラインローラーは、ラインが海水を吸ってベアリングが水没しやすい部分ですので、錆び防止と潤滑のためにオイルを付ける回数を増やした方が良いです。

ラインローラーのベアリングが錆びると、リーリングをしている時にシャカシャカと音が鳴り出します。この音がなると、ラインローラーを交換しないといけません。ラインローラーの交換はアングラー自身でも行うことができます。部品は釣具店経由でメーカーに発注となります。ラインローラーはカスタマイズ(チューニング)をすることができるので、もし興味があれば、御自身でラインローラーをカスタマイズしてみて下さい。


ラインローラーチューニングキット

ラインローラーチューニングキットラインローラーチューニングキット
ラインローラーチューニングキット

リールをメンテナンスする際に使用をするオイルはこれがおすすめ!!

スポンサーリンク