そのロッド(竿)もし破損したらまた購入できますか?釣り保険で安心です

釣具の中でも高価な買い物と言うと、ロッド(竿)かリールですが、リールは、ロッドに比べて耐久性がありますが、ロッド(竿)は折れたら終わりです。
やっとの想いで10万円のロッドを購入したのに、釣行、数回で折れた!!
10万円のロッドを購入した時には、早く釣行をしたくてたまらなかったのに、釣行したことで、10万円のロッドを折ってしまったら、釣りに行ったことを後悔するほどショックですよね。釣りを辞めたくなります。自分の不注意でロッドを折ってしまったのですが、どうしたら良いのか放心状態です。
ロッドを折ったことがあるアングラーでしたら、良く解る気持ちですよね。
因みに私は、過去2回ロッド(竿)を折っています。

スポンサーリンク

最小限の自己負担で折れたロッドが復活するかも

ロッドが折れたことがショックで、どうしたら良いのか放心状態になっていても折れたロッドが返って来るわけではないので、折れたロッドを修理するか、そのまま諦めるかの選択になるのですが、補償期間であれば、自己負担がありますので、折れたロッドと同じロッドを手にすることができます。しかし、いくら補償期間であっても、自己負担が2万円とかだったらどうします?(私は5万円のロッドの修理が自己負担2万円でした)
2万円を払って10万円のロッドを手にしますか?それとも、2万円のロッドを新しく購入しますか?
2万円のロッドでも高価なロッドですが、私だったら、1度折ってしまった10万円のロッドを再び使用する勇気がありません。再び10万円のロッドを使用して、また、折れてしまったらと思うと、2万円のロッドでも、魚を釣ることができるので、2万円のロッドを使用します。

釣り保険があったのなら

以前、釣り保険という保険があるのを聞いたことがあります。
高価な釣具が破損したり、盗難にあった時、その補償をしてくれる保険が釣り保険なのですが、今は、釣り保険を扱っている業者は、ほとんどありません。釣り保険を扱っている業者があったとしても、月額が高くて、もったいないでしょう。なので、高価な釣具を補償できる保険は、なかなかありません。

釣り保険と同じ効果のJCBカード携行品特約

高価な釣具に万一があったときでも、安心できるように、釣り保険があればと思って探していたところ、JCBカードの携行品特約で釣り保険と同じ効果を得ることができましたので紹介します。
JCBカードをお持ちでしたら、すぐに携行品特約を申し込めます。
JCBカードをお持ちでなければ、年会費無料のJCBカードをご紹介しますね。
JBCカードをお持ちでしたら、早速、MyJCBのサイトから「保険のご案内」をクリックして、トッピング保険の申込みをして下さい。因みに、JCBカードの携行品特約は、次の内容です。

JCBカード携行品特約
・月額240円
・自己負担3,000円
・1度の事故での最高補償額300,000円
・年間限度額300,000円
・補償額:再調達価格ベース
・盗難対応あり

JCB保険携行品特約
JCB携行品保険

JCBカードをお持ちでない場合は、年会費無料のJCBカードをご紹介しますね。
JCBカードは、通常のJCBカードですと、年間費が掛かりますので、年間費が無料のJCB CARD【R】を紹介します。
JCB CARD【R】
必要項目を記入の上、審査に通れば、申込みから5日間ほどでカードが届きます。
カードが届いた後、MyJCBのサイトから「保険のご案内」をクリックして、トッピング保険の申込みをして下さい。
月額わずか240円でここまで補償があるのなら、高価な釣具に万一があったときでも、安心ですね。JCBカードの携行品特約は、アングラーなら今すぐ加入をしておきましょう。
JCB CARD【R】

スポンサーリンク