シーバスの捕食スイッチを入れるルアーコアマンVJ16及びVJ22の使い方

コアマン VJ

1年中狙うことができるシーバスですが、時季、ポイントによって使うルアーは様々ですよね。ルアーは、アングラーの嗜好に偏りますが、どの時季でもどのポイントでもその効果を発揮できるルアーは少ないです。なぜなら、シーバスは時季によって釣れるポイントが変化しますからね。そこで、どんな時季でも、どんなポイントでもその効果を発揮できるルアーがあったら、良いですよね?多くのシーバスアングラーは、信頼できるルアーを1つは持っていますが、信頼できるルアーが多ければ多いほど、釣りの幅が広がり、魚と出会う確立が上がりますよね。私がデイゲームで信頼をしているルアーを1つ紹介をしますので、釣りの幅を広げるルアーとして参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ジグヘッドワームプラスバイブレーションが新境地を見出す

シーバスを釣る際のルアー選択として、基本的に「ワームを使うことが無い。」私ですが、唯一タックルボックスにはコアマンVJ16とVJ22が入っています。そうです。コアマンのVJシリーズは「ワーム系のルアー」ですよね。ワーム系のルアーを使うことが無い私がなぜ、コアマンのVJだけは常備しているのか?私自身、コアマンのVJシリーズを使うまでは、「ワーム」を使った釣りがとても苦手だったのです。ワームってイマイチ操作方法がわからなくて、「タダ巻き」していても、釣れる気がしなくて、「ワーム」はルアー選択から外していました。
しかし、VJシリーズを使ってみたところ、ワームなのに、ワームでは無い。なんだか、新しい形の「ルアー」では?と感じたのです。そうして、VJシリーズを使っていくうちに、使い方次第でとても面白いし、シーバスの捕食スイッチを入れることができるルアーではないかと確信が持てました。VJで掛けるシーバスは、ワームの釣りが苦手だった私にとっては「特別感」があるんです。最初にVJでシーバスを釣った時は、釣りの幅が広がった瞬間でした。

誰でも簡単に使えるワームだが効果はアングラーによる

VJは、「投げたら巻くだけ」で誰でも簡単に操作することができるルアーです。ミノーやバイブレーション、ワームとは違った新しい動きでシーバスの捕食スイッチを入れることができるルアーなので、1つVJを持っていると釣りの幅が広がります。そして、アングラーの操作方法次第では、VJは、いろいろな使い方ができます。実際にどんな操作をしてVJをシーバスに喰わせたのか、実釣で解説しています。
若洲海浜公園11月デイゲームで狙うシーバス釣り炸裂コアマンVJ22

VJ16とVJ22どちらを選択するのか?

最近、VJ28が出ましたが、ルアーウエイトの選択は、水深や流れの状況で選択していきます。流れが強ければ重たいルアー、水深があって早くボトムに落としたい時も重たいルアーを選択します。と言うのは、アングラー側の考えで、実際に、魚から見た状況としては、「流れに巻き込まれた小魚」、「ボトムにフラフラと沈んでいく小魚」をここぞとばかりに捕食をしてくるはずです。「流れに巻き込まれた小魚」、「ボトムにフラフラと沈んでいく小魚」を演出するには、やはり、VJ16が効果的でしょう。アングラー側の考えでは無くて、いかに、シーバスの状況に近づけるか?もちろん「そこに」シーバスが居なければ何をやってもシーバスを釣る事はできませんが、陸からシーバスを狙っている以上、狙える範囲は限られます。その限られた範囲の中で、どのようにして、シーバスにルアーを喰わすかは、アングラー側の考えでは無く、シーバスが今居る状況にいかに近づくことができるかですね。自然が相手なので、アングラーの思い通りにいかないことが多いですが、だからこそ、面白いですし、アングラーの思い通りにハマッて釣ったシーバスは、格別な嬉しさがあります。是非、あなたなりのメソッドを見つけて下さい。

スポンサーリンク