シーバス釣りでキャストテクニックを使わず飛距離を伸ばす方法

旧江戸川 シーバス釣り

おかっぱりからシーバスを狙うには、飛距離を出せるほうが有利なのはわかっているのですが、飛距離を出すためには、野球の素振りと同じように、何度もロッドを振って、感覚でキャストを身につけるしかありません。これでは、飛距離を出すために、時間が掛かってしまいますよね。そこで、キャスト方法を体得する前に飛距離を伸ばす方法をお話します。
わずか月240円でシーバスロッドが折れても安心できる釣り保険に入ってみた

スポンサーリンク

シーバス釣りではキャストテクニックは必要か?

「シーバスを釣る」ということであれば、キャストテクニックにこだわる必要は無いと、私は思っています。しかし、「釣果を伸ばす」ということであれば、おかっぱりからシーバスを狙う際に、飛距離を出せた方が釣果への確立が上がるのは、当然だと思っています。飛距離を出すキャスト方法は、野球のフォームと同じように、キャストの姿勢、力の入れ方、ロッドの振り抜き方など、飛距離を伸ばすキャストを身に付けるには、多少、練習が必要になってきます。飛距離を伸ばすキャストは、ゆくゆく身につけた方が良いですが、キャストの練習だけで終わってしまう釣行はもったいないので、あくまでもシーバスを釣るという目的を最初に持って、キャストの練習をして見て下さい。

シーバス釣りでの飛距離と釣果

おかっぱりからシーバスを狙う際には、飛距離は出せた方が有利ですが、飛距離を出せるアングラーだけが、シーバスを釣るというわけではありません。隣のアングラーと比較をした時に、例え、飛距離が劣っていても、シーバスを釣ることは可能です。
飛距離にこだわることなく、シーバスを釣ることはできます。と言っても、やはり、ルアーがより広範囲で長い時間泳いでいた方が、魚が釣れる確立が上がるのは当然ですよね。飛距離が出ないより、距離を出せた方が、広範囲を狙えるので、魚が釣れる確立が上がりますよ。
釣れる!夏のデイゲームでシーバスを釣り上げるために守った3つのこと

誰でも簡単に飛距離を伸ばすことができる方法

本格的に「飛距離を伸ばす」と言うと、ロッドを振る練習をしないといけないので、飛距離が出せるようになるまでに、とっても時間が掛かります。そこで、誰でも簡単に「飛距離」を伸ばすことができて、ライントラブルまで抑えることができるアイテムを紹介します。どこにでも売っている商品でとっても安いので、是非、使って見て下さい。

このシリコンスプレーをロッドのガイド部と、リールに付けているメインラインに吹きかけます。すると、ビックリするほど、キャスト時のライン放出がスムーズになりますよ。「ライン専用のコーティング剤」がありますが、私は、このシリコンスプレーで充分に飛距離を伸ばすことが出来ています。
peラインをシーバス釣りで使う際におすすめしたいpeライン3種

艶出し効果で車のヘッドライトカバーもコーティングできる

シリコンスプレーには、艶出し効果と、いろいろな材質に使うことができるので、車のメンテナンスに最適ですよ。
車のヘッドライト
ヘッドライトのカバーがタバコのヤニ汚れのように、黄色く曇ってしまうことがありますよね。この黄色い汚れは、お風呂や台所で使うクレンザーを付けてスポンジで擦れば、落とすことができます。綺麗に汚れを落とした後に、シリコンスプレーでヘッドライトのカバーをコーティングすると、見違えるほど、ヘッドライトが明るくなりますので、試して見て下さい。

スポンサーリンク