シーバス釣り 初心者に使ってほしいシーバスロッドはこの竿だ

シーバス釣り 竿

これからシーバス釣りをしようと思っているアングラーは、とても良い時代になりました。私がシーバス釣りを始めた15年程前より、道具がとても進化をしているので、シーバスと出会える確立が上がっています。しかし、逆に言えば、シーバス釣りを初めて行うには、道具がありすぎで何を選んだら良いのか?迷ってしまいます。そこで、今日は、シーバスロッドを購入するなら、「この1本」という竿を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

シーバス釣り 初心者がロッドを選ぶ際に気をつけること

正直なところ、シーバスを釣るのに、高い竿はいりません。数千円で購入できる竿であってもシーバスは釣れます。しかし、シーバス釣りを行うポイントによっては、ある程度の竿があった方が、シーバスを狙うのに狙いやすいですし、シーバスを掛けた後のファイトもしやすいでしょう。高い竿は最初から必要はないですが、「そこそこ」の竿を持っていた方が、シーバスを釣りやすくなります。どこでシーバスを狙うかによって竿を選ぶのが良いのですね。予算も1万円以上は持っておくとある程度使いやすいシーバスロッドを選ぶことができますよ。

シーバス釣り 初心者でも安心して大型のシーバスと戦える竿とは

安価なシーバスロッドでもシーバスを釣ることはできるのですが、シーバスを釣るポイントによっては、安価な竿だと、ルアーを投げづらかったり、シーバスを掛けた後、ファイトがしずらかったりします。せっかくシーバスを掛けても充分なファイトができないと、もったいないですよね。大型のシーバスと安心してファイトができるくらい、竿のスペックがほしいです。更に、大型のシーバスを狙うためのルアーを幅広く投げれる竿が良いです。最初から高価な竿は必要ないですが、ある程度の竿となると少し選ぶ必要が出てきますね。シーバスを釣るのに、初めての1本となると、どんな竿が良いのか?あなたがシーバスを釣るポイントによるのですが、河川全般でシーバスを狙うことが多いのなら、竿の長さは8ftから9ftが良いです。扱えるルアーの重さは、最低でも28gのルアーを投げられる竿が良いですね。竿の硬さはMかMLが扱いやすいですよ。私がこれから、シーバス釣りを始めるとして、最初に購入するとしたら、この竿を購入します。

私がこのシーバスロッドをおすすめする理由は、おかっぱりでシーバスを狙う際に、どの場所であっても使えること、ミノーから鉄板、ワーム、ジグなど様々なルアーを使うことができることです。ルアー釣りでは、投げるルアーによって竿が変わってくることが多いのですが、このシーバスロッドは、幅広くルアーの種類を投げることができるので、シーバス釣り初心者が最初の1本として持つことでおかっぱりからどんな場所でも、シーバスを狙うことができます。間違いない竿です。

シーバス釣り 初心者がロッドを購入した後、気をつけること

シーバスロッドを購入した後は、メンテナンスを定期的に行って下さいね。竿のメンテナンスは、とても簡単です。それと、釣り保険には、入っておいた方が安心ですよ。竿は、折れる可能性があります。メーカー補償があるうちは、良いですが、メーカー補償は期間で切れてしまいます。メーカー補償が切れた後に、竿が折れてしまったら全て実費です。竿の修理は結構な費用が掛かるので、万が一に備えて釣り保険に入っておくと、安心です。私は過去に2度竿を折ってますが、2度目に折った竿は高額な竿だったために、釣り保険を使って直しました。自己負担わずか3,000円で50,000円の竿が直りますので、釣り保険に入ったいた方が安心です。私が使った釣り保険を紹介します。
【【釣り人必見】釣り保険は月額わずか240円の携行品特約がお得】
実際に保険がおりました

シーバス釣り 初心者に使ってほしいシーバスロッドのまとめ

シーバスロッドの選び方は、話をしているアングラーによって変わってくるので、どの話が良いのか?困惑してしまうでしょう。アングラー自信が持っているシーバスの釣り方に偏りますからね。市場に出ているシーバスロッドはどれもシーバスを釣る事ができます。そのシーバスロッド自体の性能は変わりませんが、そのシーバスロッドの性能を引き出せるかどうかは、アングラーによります。同じシーバスロッドを使ってもアングラーによって使い方は、変わってくるでしょう。私が今日紹介をしたシーバスロッドは、あなたが初めて使うシーバスロッドですが、あなたの使い方で性能を引き出すことができます。是非、使い込んで多くのシーバスを釣り上げて下さい。

スポンサーリンク