フィッシングツールを装備できる腰ベルトが釣人の機動力を上げる

フィッシングツール腰ベルト

多くのフィッシングツールが実用化され、釣りがしやすくなりましたが、フィールドに持って行く荷物も増えました。そこで、多くのフィッシングツールを簡単に身につけることができて、機動力がアップする腰ベルトを紹介します。

スポンサーリンク

あると便利なフィッシングツール

あると便利なフィッシングツールには、このようなフィッシングツールがあります。
フィッシュグリップ
フィッシングプライヤー(ペンチ)
ランディングネット(タモ)
フィッシュグリップ、プライヤー、タモは、魚を釣った後に、必要なフィッシングツールですよね。これらのフィッシングツールは、常に身につけておくと、魚が釣れた時に、素早く対応ができます。フィッシュグリップ、プライヤー、タモは、多くの種類が出ていますので、予算、見た目、性能などから選んでみて下さい。
釣りで使用をするのに最適なプライヤーとは?
フィッシュグリップの選び方
シーバス釣りで使用をするランディングネット(タモ)の失敗しない選び方

ラン&ガンアングラー必須のフィッシングツール腰ベルト

ラン&ガン(移動しながら釣りを展開していく)には、ロッド(竿)とリール以外のフィッシングツールは、収納をして移動するのがベストです。フィッシングツールを収納して移動する際には、腰に巻けるヒップバッグや肩から掛けられるショルダーバッグ、フィッシングベストが収納ツールとして使われますが、腰ベルトを利用すると、もっと簡単に、フィッシングツールを収納することができますよ。
フィッシングツールを守る安心の釣り保険
月々わずか240円 釣り保険(携行品特約)があるJCBカードを作ってみた

釣具メーカーのフィッシング用腰ベルトは高価?

フィッシングツールを収納する腰ベルトというと、あまりイメージがわかないですが、ヘチ釣りで移動しながら、黒鯛を狙っているアングラーは、腰ベルトにフィッシングツールを収納しています。アングラーが使用をしている腰ベルトの多くは、釣具で有名なメーカーの腰ベルトを使用しているのですが、釣具で有名なメーカーの腰ベルトは、ちょっと高価です。腰ベルトの性能を考えると、釣具で有名なメーカーの腰ベルトで無くても、このような腰ベルトで充分です。

フィッシングツールを装備できる腰ベルトはこれで決まり

私が使用をしている腰ベルトは、カメラマンベルトと言われていて、主に、カメラマンが使用をしている腰ベルトです。

このカメラマンベルトには、あらかじめ、カラビナ(簡易ロック付き大)1個、丸カン1個、プラ製の小さなカラビナも2つ付いていてお得です。ベルトの調整範囲が広くて、女性でもピッタリ合います。ベルトの厚さがあり、しっかりした作りで耐久性があるので、いろいろな用途に使える腰ベルトです。わずか1,000円でここまで多機能な腰ベルトは、他には無いですので、是非、使用してみて下さい。

スポンサーリンク