peラインの0.8号を使う際に全力でおすすめしたいpeライン

おすすめしたいpeライン

peラインを使っていると、きっと、こんなライントラブルを経験したことがあるのではないでしょうか?
・原因の判らない事でやたらとpeラインが切れる。
・すぐにケバケバになる。(peラインの劣化)
・ラインが絡まる。団子になる。
などなど、これらのライントラブルは、peラインを永く使用しているアングラーなら、経験をしていることでしょう。peラインを使い始めたばかりのアングラーも、こうした、peラインのトラブルは、すぐに経験するはずです。peラインには、どうしても、ライントラブルが付き物です。しかし、多くのアングラーは、ライントラブルが付き物の、peラインをメインラインとして使います。

スポンサーリンク

peラインの性能と特徴

それまで、ナイロンラインがメインラインとして多く使われていた時代がありました。釣り糸として今だに、イメージされるのは、テグスなどナイロン系のラインのように、ナイロンラインには、歴史があります。メインラインにpeラインが使われるようになったのは、つい最近のことです。では、なぜ、peラインが急速に増えていったのか?peラインの性能がナイロンラインを超えたところにあります。ナイロンラインと比較をしてライン癖がつきにくいpeラインは、飛距離を出しやすく、感度が良いです。その分、peラインの価格はナイロンラインの数倍します。

peライン0.8号の価格

peラインをシーバス釣りで使用するとして、peラインの太さの基準は1号が安心です。最初は1号のpeラインから使用をして、peラインを使った釣りの感覚に慣れてから、細いpeラインにしてみましょう。細いpeラインと言っても、シーバス釣りでは、細くしても0.8号くらいにしておきましょう。0.8号以下のpeラインは、大型の魚が掛かった時には、不安です。シーバス釣りでは、外道でエイも掛かりますので、大物とのファイトも安心してできて、飛距離も伸ばせるpeラインの号数となると、シーバス釣りでは0.8号が適していると思います。

peラインの0.8号とショックリーダーのバランス

peラインは、引っ張る力には強いですが、横に擦れる力には弱いです。そのため、peラインをメインラインとした場合には、ルアーをpeラインに直結せずに、ルアーとpeラインの間に、ショックリーダーという、ナイロンまたは、フロロカーボン性のラインを結んで、ラインブレイクを軽減させます。ショックリーダーは太いに越したことはないのですが、メインラインで使用をしているpeラインとのバランスがあります。細いメインラインに太いショックリーダーを結ぶ時には、スッポ抜けしないようにしっかり結んで下さい。
参考までに、私が0.8号のpeラインにショックリーダーを結ぶ時には、ショックリーダーは22ポンドくらいの太さにしています。

peラインの劣化を軽減させる方法

peラインは、擦れることに対してとても弱いラインです。キャスト時ガイドとの摩擦や、スプールとの摩擦などで、劣化をしていきます。peラインが毛羽立ってきたら、劣化している証拠です。毛羽立っているpeラインを使っているとラインブレイクの原因になるのですぐに入れ替えましょう。
シーバス釣りで使用をするpeラインを逆巻きして節約しよう
peラインの劣化を軽減させる方法は、釣行後、水洗いをして、ラインコートでpeラインをコーティングすると、peラインの劣化を軽減することができますので、是非、釣行後はラインコートをpeラインに着けて下さい。

自宅で簡単にできるpeラインの巻き替え方法

peラインは自宅でも簡単に巻き替えることができます。店舗でラインを購入すればサービスで巻き替えをしてくれますが、近年ではネットでラインを購入するアングラーも増えてきました。ネットで購入をしたラインは、自宅で巻き替えを行いますが、その際に必需品となるアイテムが「高速リサイクラー」です。
高速リサイクラーは、アングラーなら持っているべきアイテムなので是非、この機会に購入をして下さい。
釣り用ラインの巻き替えに必須アイテム高速リサイクラー
ライントラブルが少ないpeラインと高速リサイクラーは、ラインに対する不安を極限まで軽減してくれます。
私が使用をしたシーバス釣りに使用をするpeラインで、ライントラブルが極端に少なく、水の流れがハッキリ伝わってきて、わずかなアタリもハッキリわかるほどの感度をもつpeラインが、東レ(TORAY) シーバスPE POWER GAME(パワーゲーム)です。釣りの幅を広げるのなら、東レ(TORAY) シーバスPE POWER GAME(パワーゲーム)がおすすめです。

スポンサーリンク