陸から太刀魚の釣り方 太刀魚釣りで結果を出すハイブリットルアー

太刀魚釣り

おかっぱりからでもかなりの数の太刀魚が釣れるようになった東京湾。太刀魚の釣り方は浮き釣り、泳がせ釣り、ルアー釣りなどいくつかの釣法が確立をされていて、どの釣法でもおかっぱりから太刀魚を釣ることができますが、太刀魚の時合いを逃さず数を狙うことができて、大型の太刀魚も釣ることができるのはルアーでの釣法でしょう。ルアーでの釣法の中でも、テンヤを使った釣法をお話ししますね。私が使っているテンヤは確実に太刀魚を仕留めてきました。

スポンサーリンク

陸からの太刀魚釣りで使うルアーは【太刀魚ゲッター】

【釣り】SHIMANO 太刀魚ゲッター 時短テンヤ 5号(M相当)19g OO-105J【510】【ラッキーシール対応】
created by Rinker
¥937 (2020/01/23 07:53:09時点 楽天市場調べ-詳細)

なぜ、ルアーで太刀魚を狙うのか?ルアーであれば魚の居るタナを攻めやすく場所移動もしやすく、効率的に太刀魚が居る場所を見つけることができるからです。太刀魚が居るタナにルアーを通せば喰ってくる確率が上がります。ルアーであればカウントダウンをすることでいろいろなタナを簡単に攻めることができますよね。おかっぱりから太刀魚を釣るコツは、イチ早く太刀魚が居るタナを見つけることです。一定のタナをまっすぐにルアーを泳がせてくることが基本となります。すると、「ドカンッ」と強いアタリか、「モゾモゾ」という太刀魚のアタリが来ます。太刀魚のアタリが来たら、竿を立てて「合わせ」ます。太刀魚が掛かると強烈に引きますので竿を立ててグイグイ巻いてきましょう。足元まで太刀魚が寄ってきたらタイミングを見て一気に抜き上げます。

一定のタナを泳がせてくるために使うルアーは「太刀魚ゲッター」です。

太刀魚ゲッターは見ての通り、餌のキビナゴとルアーを融合させたハイブリットルアーです。おかっぱりから太刀魚を釣るためには他のルアーは使わず「太刀魚ゲッター」があれば十分です。

【釣り】SHIMANO 太刀魚ゲッター 時短テンヤ 5号(M相当)19g OO-105J【510】【ラッキーシール対応】
created by Rinker
¥937 (2020/01/23 07:53:09時点 楽天市場調べ-詳細)

太刀魚ゲッターなら時合を逃さず大型の太刀魚をゲットできる

太刀魚ゲッターの特徴はキビナゴ(餌)を崩すことなく使えること。一定のタナを簡単に引くことができること、飛距離を出すことができることにあります。キビナゴは柔らかいので通常の太刀魚テンヤですとワイヤーでぐるぐる巻きにしてキビナゴが崩れないように補強します。しかし、ワイヤーでぐるぐる巻きにしたキビナゴを交換する時には、また、ワイヤーを巻きなおさなければいけません。ワイヤーを巻きなおしている間に時合いが終わります。ワイヤーテンヤは餌の交換が面倒です。太刀魚ゲッターなら餌のキビナゴを挟むだけなので簡単に餌を交換することができて時合いを逃さず、大型の太刀魚を釣ることができます。私が釣った太刀魚はすべて太刀魚ゲッターでの釣果です。 太刀魚ゲッター 太刀魚釣り 太刀魚ゲッター 太刀魚釣り

太刀魚ゲッターを使うためのタックル(竿とリール)

私がおかっぱりから太刀魚を釣るために使っているタックル(竿とリール)はシーバス用の竿とリールです。竿の硬さはMかML長さは9ft前後です。リールは4000番でPEラインは0.8号に20ポンドのリーダーがラインシステムです。この装備で太刀魚ゲッターの5号をフルキャストして探って行きます。私が太刀魚を狙うシチュエーションは水深約5メートルから8メートルほど、砂地でほとんど根掛かりが無い場所。20秒ほどのカウントダウンでボトムに着く場所です。

太刀魚ゲッターの操作方法

フルキャストしてボトムをとってから攻めて行くのが基本となります。多くの太刀魚は中層からボトムに居ることが多いですがマズメ時は表層が多いです。私が釣りをする時間は暗くなってからなので、ボトムから中層を狙っていく釣りが主体です。カウントダウンからボトムをとって巻いていくのですが、この時の竿の使い方で太刀魚の喰いが変わりますので気を付けて下さいね。どのように竿を使うのか?今から話していきますね。かなり重要になりますから良く聞いて下さいね。 フルキャストしてボトムをとったら竿先を水面と平行にしてルアーを巻いて来て下さい。竿を脇に挟んで竿先が胸の位置にくるようにします。水面と平行になっていますね。竿先はこの位置から下げないで下さいね。ゆっくりリーリングをしてきます。3巻きに1度や2巻きに1度一瞬ルアーを止めながら巻いてくるのが効果的です。止める感覚は自由なのでいろいろなタイミングでルアーを止めてみて下さいね。太刀魚のアタリが来たら竿を上にあげてフッキングして下さいね。フッキングが成功するとグイグイ引きますから竿をしっかり曲げて巻いてきましょう。ファイト中は竿をしっかり曲げることが大事ですよ。少しでも緩めるとバレますからね。頑張ってファイトして下さいね。足元まで太刀魚が来たらタイミングを見計らって抜き上げます。

太刀魚が釣れる時間と場所

太刀魚の時合いは朝夕マズメと言われています。朝夕マズメのわずかな時間(20分から30分)は集中ですね。私は朝夕マズメより1時間後くらいにアタルことが多いです。時合いはその時々のタイミングですが暗い状態であれば、チャンスはたくさんあります。常夜灯で水面が明るくなっている場所、明暗ができる場所には太刀魚が集まりやすいです。急に時合いが来ることもあるので1本捕れたらその場所を集中的に狙って見て下さい。時合いであれば同じタイミングで続けて釣れます。太刀魚は時合いが来ると連発しますよ。 太刀魚釣り

太刀魚が釣れる時期

太刀魚が釣れる時期は8月から12月でしょうね。特に10月11月は一晩で10本以上掛かる可能性があるのでかなり楽しむことができます。12月から1月はヒットの数は減りますが大型の太刀魚が釣れます。おかっぱりから釣れる太刀魚のレギュラーは指3本サイズですが、真冬の太刀魚は指4本5本サイズが釣れますよ。大型の太刀魚は引きも強いので楽しめて、身が締まっているので美味しいですよ。
太刀魚を美味しくいただくための料理一押しレシピは天ぷらその理由とは

太刀魚を美味しくいただくための料理一押しレシピは天ぷらその理由とは


【釣り】SHIMANO 太刀魚ゲッター 時短テンヤ 5号(M相当)19g OO-105J【510】【ラッキーシール対応】
created by Rinker
¥937 (2020/01/23 07:53:09時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

おかっぱりから太刀魚を釣るためのルアー釣法どうでしたか?きっとイメージは十分に伝わったのではないでしょうか?後は実践するだけですね。是非、大型の太刀魚をおかっぱりから仕留めて下さいね。太刀魚の強烈な引きは虜になりますよ。

【釣り人の悩み解決】リールから鳴るシャリシャリ音を10分で解決する方法

スポンサーリンク