太刀魚(タチウオ)を堤防からルアーで釣るためのタックルと厳選ルアー3種

太刀魚はルアー釣りのターゲットとして今では、定番ターゲットになっていますね。群れに当たると一晩で数十匹という釣果も期待できるルアーで狙う太刀魚。どのようにして釣るのか?解説をしていきますね

スポンサーリンク

太刀魚(タチウオ)は堤防からルアーで釣るターゲットとして最適

なぜ、太刀魚をルアーで狙うのか?それは、単純に楽しいからです。そして、太刀魚は食べてもおいしい魚ですしね。堤防で釣れる太刀魚は沖で釣る太刀魚より比較的簡単に釣れますし、ルアー釣り初心者でも楽しめます。太刀魚を狙うタックルもシーバスタックルで充分ですので、明るいうちにシーバスを狙って夜になったら太刀魚を狙うという1つのタックルでターゲットを変えてルアーを釣りを楽しむことができます。実際に私が太刀魚を堤防から狙う時は、シーバスタックルでルアーを変えるだけです。シーバスが掛かる時もありますよ。

太刀魚(タチウオ)はルアー初心者でも堤防から釣れる

太刀魚を釣るのに、大したテクニックは必要ありません。ルアーをより遠くまで投げて、巻いてくるか、上下にルアーを動かすかの動作をするだけです。ルアーは餌ではないですから、釣り人側で動きをつけないといけません。最近のルアーは巻くだけでブルブル震えるルアーなどがありますから誰でも簡単にルアーを動かすことができますよ。

太刀魚(タチウオ)を堤防からルアーで釣るためのタックル

太刀魚を狙う際の竿とリールですが、私はシーバスロッドを使用しています。リールは3000番から4000番ぐらいが巻いていて楽ですよ。太刀魚狙いで使用をするシーバスロッドの長さは、9ftから10ftくらいを目安としてMax40gくらいのルアーを投げれるパワーの竿だと広い範囲を攻めることができますよ。どんな竿が良いかは予算によりますが、初めてのルアーロッドとなると私はいつもこの2本のルアーロッドをおすすめしています。理由は軽くて取り回しが良く、疲れないからです。もちろん、パワーも十分にあります。



太刀魚(タチウオ)を堤防からルアーで釣るための仕掛け

太刀魚はご存知の通り、歯が鋭い魚です。英語で「ソードフィッシュ」と言われるくらい鋭い歯を持っていますから糸を簡単に切ります。ショックリーダーを太くしていても太刀魚狙いの場合は少々不安です。そこで、ルアーとショックリーダーの間にワイヤーリーダーを入れると安心です。ワイヤーリーダーであればせっかく掛かった太刀魚に糸を切られる心配はありません。

太刀魚(タチウオ)を堤防からルアーで釣るための厳選ルアー3種

太刀魚を堤防からルアーで釣る際に、「このルアーだけはほしい」というルアーを3つ紹介します。私の主観ですが参考にして見て下さい。
メタルジグ


メタルジグは縦の釣りに有効なルアーです。底までメタルジグを落として竿をあおりながら水中の下から上まで探って行けます。
VJ


ワームとバイブレーションが一体化した新感覚のルアーです。幅広いタナを攻められる上にタダ巻きでも魚の捕食スイッチを作動させるルアーです。
鉄板バイブ


陸から飛距離を出すために定番ルアーの1つである「鉄板バイブ」の中で私が選んだ鉄板バイブはJackson(ジャクソン) メタルバイブです。安価で引き抵抗も少なく、それでいて抜群の喰いを見せてくれます。飛距離も申し分なく、ルアー釣り初心者でも扱いやすいルアーです。

まとめ

堤防からでも太刀魚が釣れるイメージは沸いてきましたか?しかも特別な道具を用意することなく、シーバスタックルで太刀魚を狙うことができます。シーバスタックルは、ちょい投げ釣りも、サビキ釣りもできますから1本シーバスロッドがあると、とっても釣りの幅が広がりますよ。是非、夜の太刀魚、昼間のシーバス、ちょい投げ、サビキ釣りでいろいろな魚を釣ってみて下さい。
【釣り人には必須】わずか月240円の釣り保険(携行品特約)があるJCBカードなら年会費無料で竿が折れても直せる

わずか月240円釣り保険(携行品特約)があるJCBカードを作ってみた

スポンサーリンク