ちょい投げ釣りに最適なロッド(竿)の長さは?

ちょい投げ釣り ロッド(竿)
ちょい投げ釣りに最適なロッド(竿)の、
長さは?

私の場合は、8ft(フィート)から、
9ftのシーバスロッドを使用しています。

因みに、このft(フィート)と言う単位、
1ftおよそ、3cmとして計算をしています。

8ftですと、およそ2m40cmと言った、
長さです。
(メーカーによって若干の違いはあります)

このくらいの長さですと、
どこのフィールドでも、キャストができて、
操作しやすいです。

もっとも、
ちょい投げですから、そこまで、距離は、
出さないので、どんなロッドでも、
ちょい投げはできると思いますが、
ロッドが長くなると、操作しにくく、
なりますし、固めのロッドですと、
アタリが取りづらくなります。

ちょい投げ釣りの入門としては、
コンパクトロッドセットのような、
ロッドとリールがセットになった物で、
充分でしょうが、ロッドのパワーや、
仕掛けを作る際のバランスを考えた時には、
シーバスロッドや、バスロッドのような、
ルアーロッドが、ちょい投げ釣りでは、
最適なロッドになるかと思います。

ちょい投げと言えど、時に、それなりの、
大物が掛かるかもしれませんからね(笑)

ロッドには、ある程度パワーがあった方が、
安心です。

ちょい投げ釣りで夏のターゲットを狙う

7月の中旬
ちょい投げ釣りでのターゲットとなる、
イシモチを狙いに釣行をしてきました。

フィールド到着は、午後5時。
この時間でも、夏の暑さです。

陽が落ちるのが、午後7時過ぎなので、
タイムリミットは、2時間ちょっと。

結果は・・・・

時合があり、タイムリミットまでに、
6本のイシモチを捕獲。

サイズが綺麗に揃っていますが、、
当然、全て違う魚ですよ(笑)

2本の竿を出して、ダブルヒットもありました。

仕掛けは、
8号のナスオモリに、片天秤の8号投げ針。
餌は青イソメを使用し、タラシは1cm程。

投げてボトムをとり、サビいて誘いをかけると、
「グンッグンッ」とアタリがあります。

短時間の時合でしたが、集中して、
釣る事ができました。

置き竿でアタリを待つのも良いのですが、
アタリが無い場合は、誘いを掛けると、
アタリやすくなります。

ボトムの地形を感じながら、変化のある、
場所で誘ってみましょう。